2030年までに収益の増加を目の当たりにする農業用タイヤ市場

農業用タイヤ市場: 販売チャネル別 (OEM および交換用)、用途別 (トラクター、ハーベスター、噴霧器、その他)、製品タイプ別 (ラジアルおよびバイアス)、および地域別 – 世界の産業規模、成長、傾向、機会、および予測 (2020–2025)

世界の農業用タイヤ市場レポートは、市場のダイナミクス、ビジネス モデル、セグメント/地域分析、およびそれぞれの市場シェアとグローバルに事業を展開する主要な市場プレーヤーが採用する戦略の徹底的な分析をカバーしています。これには、世界市場に影響を与える要因の詳細な分析と、地域別およびセグメント別の市場シェア/成長分析を示す市場統計が含まれます。レポートの調査は、市場の最も徹底的な分析の 1 つを見通し、世界の農業用タイヤ業界のすべての側面を捉えます。

このレポートのサンプル コピーをリクエストする: https://www.marketstatsville.com/request-sample/agriculture-tire-market-valued-at-usd-7-3-billion-by-2025

世界の農業用タイヤ市場の概要

2019 年の世界の農業用タイヤの市場規模は 56 億米ドルで、2020 年から 2025 年の予測期間中に 4.67% の CAGR を記録すると予想されています。農業用タイヤは、農業機械の性能を向上させる優れた品質を備えています。また、農業機械の使用が増えることで、農業分野の無駄が減り、生産性が向上します。このような要因は、世界の農業用タイヤ業界の主要な傾向です。

予測期間中に世界の農業用タイヤ市場に影響を与える要因

世界人口の増加により、世界の食糧需要が大幅に増加し、生産性を高める必要性が高まり、さまざまな農業機械の使用が増加しています。このような農業機械および機器の需要は、予測期間中に農業用タイヤ市場の需要と消費を拡大します。
中国、インド、メキシコ、ブラジルなどの新興経済国では、食料生産能力を高め、人間の作業負荷を軽減するために、機械を広く採用しています。世界市場では、より多くの重量を持ち上げて効率的に作業できる大型農業機械の需要も高まっています。これにより、予測期間を通じて世界市場での大型農業用タイヤの需要が高まると予想されます。
両社は、機械の性能を向上させ、優れた結果をもたらす農業用タイヤの高度な設計技術を開発しています。インド、中国、日本、米国、EU、ブラジルなどの国では、重量級の農業用タイヤに対する高い需要があり、農業用タイヤ企業にチャンスをもたらすことが期待されています。
ただし、農業用タイヤの製造コストは、天然ゴムやブレント原油などの原材料に依存します。市場価格の継続的な変動は、農業用タイヤの需要と消費に世界的に悪影響を及ぼしています。

COVID-19が世界の農業用タイヤ市場に与える影響

Covid-19のパンデミックにより、製造業者の市場が安全ガイドラインの下で機能することが混乱し、生産が遅くなり、ほとんどの製造業者が一時的に閉鎖されました.パンデミック中のグローバルサプライチェーンは混乱し、地元のプレーヤーに機会を与えます.開発途上国でも、このパンデミックにより、農業用タイヤの消費が落ち込んでいます。

世界の農業用タイヤ市場: レポートの範囲

このレポートは、販売チャネル、アプリケーション、および製品タイプに基づいた農業用タイヤ市場調査の概要を示しています。

直接購入レポート: https://www.marketstatsville.com/buy-now/agriculture-tire-market-valued-at-usd-7-3-billion-by-2025?opt=2950

販売チャネル別の世界の農業用タイヤ市場 –

OEM
置換

アプリケーション別の世界の農業用タイヤ市場–

トラクター
収穫機
噴霧器
その他

製品タイプ別の世界の農業用タイヤ市場–

放射状の
バイアス

世界の農業用タイヤ市場: 地理的展望

世界の農業用タイヤ市場は、北米、アジア太平洋、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカの 5 つの地理的地域に分割されています。 2019年、アジア太平洋地域は世界の農業用タイヤ市場で最大のシェアを占め、北米とヨーロッパがそれに続きました.ヨーロッパ市場は、機械化率の増加により、予測期間中に農業用タイヤの需要が最も急成長している市場であり、トラクターの使用が増加しています。さらに、ドイツ、英国、イタリア、フランス、トルコなどの重要な先進農業経済の存在は、今後数年間で世界の農業用タイヤ市場における地域の成長に大きく貢献すると予想されます。

主要な農業用タイヤ市場の競合他社

世界の農業用タイヤ市場の製造会社は、農業用タイヤ業界に関与する世界的なプレーヤーとの戦略的パートナーシップとコラボレーションの形成から利益を得ることが期待されています。世界市場の主要な農業用タイヤメーカーには、

ミシュラン
ブリヂストン
タイタンインターナショナル株式会社
BKTタイヤ
コンチネンタル
カンポ
アポロタイヤ株式会社
アーティック・インベストメント
アーマータイヤ
CEAT
トレレボリ ホイール システム
JKタイヤ&インダストリー株式会社
ミタス
グッドイヤー
フレデステイン

世界の農業用タイヤ市場レポートは、マクロ経済要因とすべてのセグメントの市場属性の徹底的な分析を提供します

積極性。レポートには、それぞれのセグメントおよび地域/国での市場プレーヤーの存在とともに、セグメント/地域の見通しの詳細な定性的および定量的評価が含まれます。レポートで結論付けられた情報には、入力が含まれます。

完全なレポートの説明、TOC、図表、チャートなどにアクセス: https://www.marketstatsville.com/table-of-content/agriculture-tire-market-valued-at-usd-7-3-billion-by-2025

世界の農業用タイヤ市場の地域分析には以下が含まれます。

北米 (米国、カナダ、メキシコ)
南アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、ペルー、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ (ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、スペイン、ポーランド、ロシア、スロベニア、スロバキア、ハンガリー、チェコ共和国、ベルギー、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、その他のヨーロッパ)
アジア太平洋 (中国、日本、インド、韓国、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、フィリピン、シンガポール、オーストラリアとニュージーランド、その他のアジア太平洋)
中東およびアフリカ (サウジアラビア、UAE、南アフリカ、北アフリカ、その他の MEA)

農業用タイヤ市場: 対象者

農業用タイヤメーカー
タイヤメーカー
自動車 OEM
農業機器メーカー
協会、協会、雑誌、フォーラム
政府機関には、規制当局と政策立案者が含まれます
調査およびコンサルティング会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です