FDAは乳房インプラントに関連する癌の報告を受けています

米国食品医薬品局は、豊胸手術の周囲に形成される瘢痕組織に特定の種類のがんが発生したという報告をいくつか受けている、と同局は安全性について述べた。

2022 年 9 月 1 日の時点で、FDA は、皮膚がんの一種である扁平上皮がんに関する 10 件の報告と、豊胸手術に関連するさまざまなリンパ腫に関する 12 件の報告を受けていました。

現時点では、乳房インプラントがこれらのがんを引き起こすのか、または一部のインプラントが他のインプラントよりもリスクが高いのかを判断するのに十分な情報はありません.

昨年、FDA は新たな制限を追加し、豊胸手術に関連した未分化大細胞型リンパ腫 (BIA-ALCL) (免疫系のがん) を発症した女性の報告を受けて、豊胸手術に警告ラベルを付けました。

FDA は、新しいリンパ腫の症例は以前に報告された BIA-ALCL とは異なると述べた。

インプラント周囲の瘢痕組織に癌が発生することはまれであり、現在、発生率と危険因子は不明であると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。