獣医学におけるフローサイトメトリーの応用

過去数十年で獣医学は完全に変化しました。たとえば、猫と犬の両方の平均余命は、これまでになく高いレベルに伸びています。獣医学は、動物の健康と幸福を改善するだけでなく、人獣共通感染症を監視および制御することにより、人間の健康にも重要な役割を果たします。人気を集めている技術の 1 つはフローサイトメトリーで、特に動物の免疫学的状態と発生を評価する際に使用されます。

T 細胞の産生を阻害する強力な薬剤であるシクロスポリンは、獣医学で炎症や自己免疫疾患の治療に使用されています。シクロスポリンは、IFN-Y や IL2 などの免疫サイトカインの形成を防ぎ、免疫応答を低下させます。薬力学的モニタリングには、薬物の効果を観察し、それが治療レベル内にあることを確認することが含まれます。

ある研究グループは、イヌの組織への影響を測定するシクロスポリン分析を開発し、それらの分析から 2 つの点を観察しました。低用量では、薬物は IFN-γ を抑制しましたが、高用量では、IFN-γ と IL2 の両方を抑制しました。このアッセイでは、フローサイトメトリーによって薬剤の有効性を確認し、新しいマーカーを特定することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。