ホームオーディオアンプ市場の最新動向、世界の需要とビジネスの見通し2021年から2027年:NXP、シーラスロジック、オンセミコンダクター、ADI、マキシム、ESS、Realtek、ダイオード、ams、ISSI

世界のホームオーディオアンプ市場 2021調査レポートは、業界の成長率、市場細分化、ホームオーディオアンプの市場規模、需要、収益に関連する定性的および定量的な洞察を提供します。業界の将来の見通しに影響を与えると予想される現在のホームオーディオアンプ市場の動向は、レポートで分析されます。レポートはさらに、進化し続けるビジネスセクターの現在の状況と、COVID-19の現在および将来の市場への影響を調査および評価します。

世界のホームオーディオアンプ市場は、予測期間(2021年から2027年)の間にCAGR 5.67%で成長すると予想されます

このレポートのサンプルコピーについては、お問い合わせください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02172634823/global-home-audio-analyticser-market-research-report-2021/inquiry?Mode=CM48

レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。世界のホームオーディオアンプ市場のトップ企業TI、ST、NXP、Cirrus Logic、ON Semiconductor、ADI、Maxim、ESS、Realtek、Diodes、ams、ISSI、Silicon Labs、Infineon、NJR、Toshiba、ROHM、Intersil、Go2Silicon 、Fangtek、Maxicなど。

最近の開発

2019年3月、クアルコムは、クアルコムDDFAデジタルアンプテクノロジーを搭載した、柔軟で高度に統合されたシングルチップアンプソリューションであるCSRA6640を発売しました。これにより、新しいレベルの統合が実現し、低層製品やスモールフォームファクターで優れたクラスD増幅が商業的に実行可能になります。

2019年5月、インフィニオンテクノロジーズはマルチレベルアンプICを統合したオーディオアンプを発売しました。2つのバージョンの4つの統合マルチレベルオーディオアンプのファミリーであるMA12040 / PとMA12070 / Pは、250MWの範囲の消費電力を誇っています。したがって、これらのアンプは、ポータブルバッテリ駆動製品に適しています。

2019年2月、Cirrus Logicは、低電力ブーストスマートオーディオアンプであるCS35L41を発売しました。スマートフォンや携帯機器のモバイルステレオへの世界的なシフトにより、このアンプは牽引力を獲得することが期待されています。CS35L41は、強化されたオーディオの明瞭さ、高度なバッテリー管理、および豊かなスピーカーリスニング体験のための55nmプロセス設計を提供します。 

2018年12月、東芝は、4Ù負荷に最大出力45Wを供給する車載オーディオアプリケーション向けの4チャンネル高効率リニアパワーアンプTCB702FNGを発売しました。 

2017年8月、NXPセミコンダクターズは、中国最大の自動車メーカーの1つである長安汽車と戦略的協力フレームワーク契約を締結しました。このパートナーシップは、高度なインフォテインメントと将来の車両技術の開発を目的としています。

2018年2月、インフィニオンテクノロジーズは、エネルギー効率の高い統合オーディオアンプソリューションを提供するコペンハーゲンを拠点とするスタートアップであるMERUSAudioを買収しました。この買収により、インフィニオンは顧客に包括的で最先端のクラスDオーディオアンプポートフォリオを提供することができました。

製品タイプとアプリケーションによって分割された世界のホームオーディオアンプ市場:

このレポートは、タイプに基づいて世界のホームオーディオアンプ市場をセグメント化します。

クラスA

クラスB

クラスA / B

クラスG&H

クラスD

アプリケーションに基づいて、グローバルホームオーディオアンプ市場は次のように分割されます。

商業

このレポートを購入する@:

https://www.marketinsightsreports.com/report/purchase/02172634823?mode=su?Mode=CM48

ホームオーディオアンプ市場の地域分析:

北アメリカ(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、など)
中東およびアフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、ナイジェリア、および南アフリカ)

レポートのハイライト:

-第2または第3レベルまでのホームオーディオアンプ市場のセグメンテーション

-価値とボリュームの両方の観点からのホームオーディオアンプ市場の過去、現在、および予測されるサイズ

-最近の業界動向の報告と評価

-キープレーヤーの市場シェアと戦略および市場のダイナミクス

-新興のニッチセグメントと地域のホームオーディオアンプ市場

-ホームオーディオアンプ市場の軌道の客観的評価

-ホームオーディオアンプ市場での足場を強化するための企業への推奨事項

レポートの説明と目次を参照します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02172634823/global-home-audio-analyticser-market-research-report-2021?Mode=CM48

このレポートで説明されている市場のファンダメンタルズは何ですか?

-主要な戦略的開発:この調査には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

-主要な市場の特徴:レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、インポート/エクスポート、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場の特徴を評価しました。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

-分析ツール:グローバルホームオーディオアンプ市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーと市場におけるその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、SWOT分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。

この調査には、2016年から2021年までの履歴データと、2027年までの予測が含まれています。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探している利害関係者にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

最後に、研究者はグローバルホームオーディオアンプのピンポイント分析に光を当てます。また、市場成長の背後にある基本的なルーツである持続可能なトレンドとプラットフォームを測定します。競争の程度は、調査レポートでも測定されます。SWOT分析とポーターの5つの分析の助けを借りて、市場は深く分析されました。また、ビジネスの前にあるリスクと課題に対処するのにも役立ちます。さらに、販売アプローチに関する広範な調査を提供します。

レポートのカスタマイズ:このレポートは、最大3つの企業または国または40アナリスト時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)-MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です