食品および飲料の市場規模、地域の見通し、競争力のある風景、収益分析および2026年までの予測における熱成形プラスチック

世界の外食産業における包装の重要性は、世界の大手食品製造会社が食用包装に使用される材料に引き続き関心を持っていることを証明しています。射出成形と熱成形は、食品や飲料の包装に使用される主なプロセスです。最近、熱成形プラスチックが食品および飲料産業で急増している速度が勢いを増しています。熱成形プラスチックの製造コストは射出成形に比べて比較的低く、外観の柔軟性により、特に食品および飲料業界で需要が高まっています。薄いゲージの熱成形プラスチックは、食品や飲料の小売市場に存在する容器、カップ、蓋、およびその他の包装製品の製造に使用されています。

完全な目次と図とグラフを含むサンプルのリクエスト@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3545

パーソナルケアの次に、食品および飲料産業は、熱成形プラスチックの主要な用途である可能性があります。食品および飲料業界における熱成形プラスチックの世界市場は、2018年末までにXX億米ドルの市場価値を記録すると予想されています。TrendsMarketResearch(TMR)がまとめたレポートによると、「食品および飲料業界の熱成形プラスチック製品2025年までの飲料産業」、世界のF&B熱成形プラスチック市場は、2018年から2025年の予測期間の終わりまでに、XX%の安定したCAGRで拡大を示すと予測されています。

パッケージ化されたミネラルウォーター、ボトル入りの炭酸飲料、ミルク、フルーツジュースの需要の急増は、世界市場に影響を与えており、熱成形プラスチックは食品や飲料のパッケージング方法として広く好まれています。対照的に、プラスチックの投棄が地球環境に与える驚くべき影響は、世界のF&B熱成形プラスチック市場での消費を大幅に抑制しています。合成熱成形プラスチックおよび生分解性熱成形プラスチックに分類される製品は、食品、特に合成製品セグメントの包装業界に浸透しています。これは、予測期間中に世界市場の収益の85%以上のシェアを占めることにより、世界市場を支配する予定です。食品および飲料業界での熱成形プラスチックの適用は、世界のF&B熱成形プラスチック市場の約35%を占めるでしょう。

この市場調査レポートを今すぐ直接購入@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3545/Single

ヨーロッパは2018年以降に世界市場の収益のXX%以上のシェアを占めると推定されていますが、アジア太平洋地域のF&B熱成形プラスチック市場は世界の総市場シェアのXX%に貢献し、2025年までにXX%CAGRで拡大を記録します。世界のF&B熱成形プラスチック市場では、食品および飲料用の容器やパーソナルケア製品を製造するSonoco Products Co.の買収を求める大手プラスチックメーカーのAmcorRigid Plasticなど、最近の事業拡大の最新情報で明らかな健全な協力関係を示しています。このような取引は、特殊食品市場での熱成形プラスチックの使用率の向上を予測しています。これは、世界のF&B熱成形プラスチック市場での未開拓の好機です。同様の例として、ヨーロッパのプラスチック包装リーダーであるThermoforming Systems LLCは、北米のF&B熱成形の成長を示す、北米の熱成形装置工場に100万ドル以上を投資することにより、使い捨て食品包装事業と食品サービスアプリケーションを発展させました。プラスチック市場。レポートでプロファイルされている世界のF&B熱成形プラスチック市場の主要な参加者には、Clear Lam Packaging、Inc.、Anchor Packaging、Inc.、Tray-Pak Corporation、Berry Plastics Corporation、D&W FINE PACK、Placon、Reynolds、HUHTAMAKIGROUPが含まれます。 、およびSilgan Holdings、Inc。など。

このレポートの購入で割引を受ける@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3545

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です