アルテミシニン併用療法市場の競争力のある研究と正確な見通し2021年から2025年-Aspen Pharmacare Holdings Limited、-Calyx Chemicals and Pharmaceuticals Limited

Market Insights Reports は、2021年から2025年までのアルテミシニン併用療法市場に関する新しい研究を発表しました。100  以上のデータテーブル、円グラフ、グラフ、図がページ全体に広がり、詳細な分析がわかりやすくなっています。

グローバルアルテミシニン併用療法市場レポートは、特定の部門の現在位置と中央要因の詳細な評価を提供します。この研究では、アルテミシニン併用療法市場の現在のシナリオと、2021年から2025年までの市場のダイナミクスについて考察しています。それはいくつかの市場成長の実現要因、抑制、および傾向の詳細な概要をカバーしています。レポートは、市場の需要と供給の両方の側面を提供します。市場で活動している大手企業やその他の著名な企業のプロファイルを作成し、調査します。

Covid-19の影響と回復の分析:

世界のアルテミシニン併用療法市場レポートには、Covid-19パンデミックの影響も含まれています。さらに、それは、Covid-19パンデミックの前後の市場の発展に遭遇するであろう側面の徹底的な分析を提供します。

リンクをクリックして、レポートの無料の独占サンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091744582/artemisinin-combination-therapy-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?mode=69

世界のアルテミシニン併用療法市場のトップキープレーヤー-Aspen Pharmacare Holdings Limited、-Calyx Chemicals and Pharmaceuticals Limited、-Cipla、-Desano Inc、-Hovid Berhad、-Ipca Laboratories、-KPC Pharmaceuticals、-Guilin Pharmaceutical(Fosun Pharmaceutical) 、-ノバルティスAG、-サノフィ

市場の概要

アルテミシニン併用療法(ACT)は、熱帯熱マラリア原虫の治療に使用されます。この市場は、特に発展途上国と発展途上国でマラリアの有病率が高いため、近年成長しています。世界保健機関(WHO)による2018年の世界マラリア報告書によると、2017年には推定2億1900万人の症例と435,000人近くの関連する死亡があり、マラリアの症例のほとんどは熱帯熱マラリア原虫によるものでした。したがって、マラリアの高い有病率は、この市場の成長を推進しています。政府による意識向上イニシアチブの増加や新しい抗マラリア薬や治療法の研究などの他の要因も、この市場の成長を助けています。

主要な市場動向

Artemether-ルメファントリンセグメントは、予測期間中に市場を支配すると予想されます。

アルテメテル-ルメファントリンは、アルテメテルとルメファントリンの2つの薬を組み合わせたものです。クロロキンでは治療できない熱帯熱マラリア原虫によって引き起こされるマラリアの治療に使用されます。この組み合わせは1992年に医療用に使用されました。どちらも中国で開発されました。これは、世界保健機関の必須医薬品リストにある医薬品の1つであり、医療システムに必要な最も効果的で安全な医薬品です。世界保健機関は、合併症のない熱帯熱マラリア原虫をアルテミシニンとルメファントリンの併用療法で治療することを推奨しています。アルテメテル-ルメファントリンは最も広く使用されているアルテミシニン併用療法(ACT)であり、PLoS Medicine Journal2018に掲載されたFrankKloprogge et alの記事によると、世界のACT調達の73%を占めています。

地域分析:

北アメリカ(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)
中東およびアフリカ(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

ここで最高の割引のためのお問い合わせ:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091744582/artemisinin-combination-therapy-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?mode=69

中東とアフリカは最大の市場の1つです。

世界保健機関(WHO)によると、2017年には世界中で推定2億1900万件のマラリアが発生し、そのうちWHOアフリカ地域が世界のマラリア負担の不釣り合いに高い割合を占めています。 。2017年、この地域はマラリア症例の92%、マラリア死亡の93%を占めました。WHOの東地中海地域には、世界のマラリア症例のほぼ2%が生息していました。さらに、2016年のマラリアの治療と予防のための27億米ドルの投資のうち、74%近くがWHOアフリカ地域で費やされました。

レポートの重要な機能と主なハイライト:

–アルテミシニン併用療法市場の詳細な概要–
業界の変化する市場のダイナミクス
–タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場細分化
–量と価値の観点からの過去、現在、および予測される市場規模。
–最近の業界動向と開発
–アルテミシニン併用療法市場の競争力のある風景
–キープレーヤーと製品提供の戦略
–有望な成長を示す潜在的およびニッチなセグメント/地域。

回答された重要な質問

-主要な主要プレーヤーは誰ですか?また、世界のアルテミシニン併用療法市場における主要な事業計画は何ですか?
-世界のアルテミシニン併用療法市場の5つの力の分析の主な懸念は何ですか?
-世界のアルテミシニン併用療法市場のディーラーが直面するさまざまな見通しと脅威は何ですか?
-主要ベンダーの長所と短所は何ですか?

この調査には、2015年から2020年までの履歴データと、2025年までの予測が含まれています。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを明確に探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。提示された表とグラフ。

このレポートを購入する@:

https://www.marketinsightsreports.com/report/purchase/01091744582?mode=su?mode=69

このレポートのカスタマイズ: このレポートは、最大5つの企業または国または40アナリスト時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。

当社の営業担当者(sales@marketinsightsreports.com)ご連絡ください。お客様のニーズに合ったレポートを確実に入手できます。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)-MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

Eメール:  sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です