眼科用医薬品市場2026年までの詳細な分析概要

眼科は、緑内障、加齢性黄斑浮腫(AMD)、糖尿病性網膜症(DR)、ドライアイ症候群(DES)、糖尿病などの疾患を含む、眼と視覚系に関連するほぼ100の障害からなる幅広い治療領域です。黄斑浮腫(DME)。さまざまな障害が進行性であり、治療せずに放置すると、重度の視覚障害や失明につながる可能性があります。

需要シナリオ

世界の眼科用医薬品市場は2018年に275.5億米ドルであり、予測期間中に4.27%のCAGRで2025年までに369億3000万米ドルに達すると推定されています。

このレポートの詳細な洞察分析を取得するには、ここをクリックしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3927

地域別の成長

北米は、患者人口の増加、眼疾患の有病率の増加、十分に開発された技術、高い医療費、および主要なプレーヤーの存在により、眼科薬市場を支配しました。研究開発費、マーケター間の競争の激化、および医療における償還政策の修正に対する政府の支援は、ヨーロッパ市場を牽引するでしょう。ただし、アジア太平洋地域は、膨大な患者プール、需要の高まり、および医療技術の開発により、最も急速に成長する市場になります。

ドライバーと拘束装置

緑内障、白内障、およびその他の一般的な眼の感染症などの眼科疾患の発生率が上昇しているため、現在のシナリオでは、効果的な眼科の開発が不可欠です。市場のプレーヤーは、小分子、生物製剤、および組換え技術を含む、長年にわたる眼科薬の開発のための新しいアプローチの発明に焦点を合わせており、したがって、眼科薬市場の成長を推進しています。眼疾患の診断に関連する莫大な費用、利用可能な治療オプションの副作用、医療保険の欠如、および低中所得国の貧弱な医療制度が市場の成長に影響を与えています。

業界のトレンドとアップデート

このプレミアムレポートを購入するには、ここをクリックしてください@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3927/Single

2017年、Spark Therapeuticsは、網膜色素変性症とレーバー先天性黒内障の開発が現在進行中の希少疾病用医薬品VoretigeneNeparvovecのFDA承認を取得しました。 2017年11月、米国を拠点とする企業であるBausch&Lombは、緑内障または高眼圧症の患者の眼圧を低下させるために設計されたVyzulta(ラタノプロステンブノド点眼液)のFDA承認を取得しました。 Pharmaceuticalsは、緑内障または高眼圧症の治療薬としてFDAの承認も取得しています。

レポート削減のリクエスト@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3927

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です