再生可能なグリーンエネルギー

地球温暖化の深刻化が顕著になってきている近年、「サステナビリティ(Sustainability)」や「サステナブル(Sustainable)」という言葉をよく耳にすることが多くなったのではないでしょうか。

サステナブルやサステナビリティとは、sustain(持続する)とable(〜可能な・出来る)からなる言葉で「持続可能な」という意味で使われています。

そして、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素排出量の少ない持続可能なエネルギーをグリーン電力、またはグリーンエネルギーと呼びます。

グリーンエネルギーとは

グリーンエネルギー(グリーン電力)とは太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱などから作られる再生可能エネルギーのことです。これらは自然から作られていて、枯渇しないため再利用が可能、発電時に二酸化炭素排出量や廃棄物が少ない、といったメリットがある環境にやさしいエネルギーです。逆に再生不可能なエネルギー(一次エネルギー)は石炭、石油、天然ガス、原子力などです。

太陽光発電

太陽の光を電力に変える太陽光発電は、太陽の光があり続ける限り持続可能になります。また、発電の際に温室効果ガスを発生させません。製造の際に排出する二酸化炭素に関して指摘を受けますが、太陽光発電はその生涯において製造時に必要としたエネルギーの約10倍のエネルギーを生み出すとされています。そのため、従来の一次エネルギーに比べてかなり大幅な二酸化炭素排出量の削減が出来ます。

風力発電

風のエネルギーを電気エネルギーに変える風力発電。欧米に比べて導入に関して遅れを取っているものの、日本国内でも太陽光発電に並んで再生可能エネルギーとして一般的になってきました。

太陽の光が必要となる太陽光発電は昼間のみの発電となりますが、一定の風速があれば夜間でもいつでも稼働が出来るというメリットがあります。

水力発電

水を高いところから低いところへ落とし、その水の勢い(位置エネルギー)を利用して水車を回し、水車と直結した発電機で電気を起こすのが水力発電です。

仕組みが単純であることから、水力発電に使われる発電機は各必要な部品さえ揃えることが出来れば自作することも可能です。

他のグリーンエネルギーと比べても二酸化炭素排出量がかなり少ない電力となっています。

地熱発電

地中深くから取り出したマグマからの高温の蒸気を利用し、直接タービンを回転させエネルギーを発電するものが地熱発電です。

他のグリーン電力エネルギーと比べて季節変化に影響されないというメリットがあります。

バイオマス発電

バイオマス発電とは、「バイオマス」を燃料として発電する方法です。「バイオマス燃料」を燃やして出る水蒸気やガスを使って、タービンを回すこと発電機を動かすことで発電を行います。

「バイオマス」とは、動植物から作り出される再利用可能な有機性の資源で、一般に石油などの化石燃料を除くものを総称しています。また、バイオマス発電は発電した後の排熱を周辺地域の暖房や温水として有効活用ができます。

このようにグリーンエネルギー、再生可能エネルギー、持続可能エネルギーと一言で呼ばれるものにも様々な種類があります。このまま地球温暖化が進むと、気温上昇が進み、それによって農作物への様々な影響、渇水・洪水のリスクなど陸、海問わずに世界全体が深刻な影響を受けると言われています。今、私たち個人に出来ることはまず置かれているこの状況、事実を知ることなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です