2018年から2026年までのグローバルライドシェアリング市場の事業拡大、方向性、および開発戦略

世界のライドシェアリング市場は2017年に568.0億米ドルと評価され、2026年までに17.72%のCAGRで2094.4億米ドルに達すると推定されています。

レポートの目的は、市場の包括的な評価を提示することであり、思慮深い洞察、事実、履歴データ、業界で検証された市場データ、および適切な一連の仮定と方法論を備えた予測が含まれています。レポートはまた、市場セグメントを識別および分析し、世界の市場規模を予測することにより、世界のライドシェアリング市場のダイナミクス、構造を理解するのに役立ちます。さらに、レポートはまた、製品、価格、財政状態、製品ポートフォリオ、成長戦略、および地域のプレゼンスによる主要なプレーヤーの競争力のある分析に焦点を当てています。レポートはまた、PEST分析、PORTERの分析、およびSWOT分析を提供し、世界のライドシェアリング市場の新興セグメントに対する近い将来の取り組みと投資に優先順位を付ける株主の質問に対処します。

世界のライドシェアリング市場はここ数年で増加しており、主に世界的な都市化レベルの高まりと、特に新興経済国でのスマートフォンの普及により、今後4年間で市場は着実なペースで成長すると予測されています。市場の成長を促進するその他の市場のダイナミクスには、共有サービスに対する顧客の傾向、自動運転車の導入、技術の進歩、予約の利便性などがあります。

しかし、市場は市場の成長を妨げているいくつかの課題に直面しています。法律および規制環境のハードル、ポリシーの課題、多数のプレーヤーによる市場での激しい競争など、業界が直面する主要な課題のいくつか。

電気自動車市場は、予測期間中に最速のCAGRで上昇しています。この成長は、政府の有利な政策、より良いインフラストラクチャー、およびCO2排出に対する意識の高まりに起因しています。 ICエンジン車は、世界で最も広く採用され、使用されているため、ライドシェアリング市場で大きなシェアを占めています。

詳細については、次のURLでPDFを入手してください。 https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/5296

都市内セグメントは、世界のライドシェアリング市場を支配しています。距離は、ライドシェアリングサービスを好む一方で顧客に影響を与える主な要因です。主要都市間の平均距離がはるかに短いヨーロッパでは、都市間旅行のライドシェアリングが人気を集めています。

ピアツーピアセグメントは2017年に最大のシェアを占めました。ピアツーピアライドシェアリングは、商用の有料輸送ネットワーク会社から営利目的のライドシェアリングサービス、非公式の非営利ピアまで、さまざまな分野に分けることができます。 -ピアツーピアの相乗りの手配。

地域的には、アジア太平洋地域が市場規模の点でライドシェアリング市場をリードすると予想されます。人口密度の高さと都市化の進展がライドシェアリング市場を牽引しています。都市化の進展は交通渋滞につながり、人口の増加は都市部でのさまざまなモビリティオプションの需要を後押しします。この地域では、都市部の人口が増加しているため、アプリベースのタクシーサービス、カーシェアリングサービス、駅ベースのモビリティなどの電子ヘイリングサービスが盛んになると予測されています。

合併と買収、パートナーシップ、拡大は、ライドシェアリング市場でビジネスを拡大するための2つの最も一般的な戦略です。たとえば、Lyftは、現在、米国で最大かつ最も密度の高い都市のいくつかで自転車シェアシステムを運用しているニューヨークを拠点とする企業であるMotivateの買収を発表しました。 DiDiは、総予約数に基づいて、中国で最大のライドシェアリング会社であり、世界でも最大です。 DiDiは、市場での地位を維持するために、新製品の開発とパートナーシップを採用しました。 2018年7月、DiDiはドライバーアプリにSafe Driving System(SDS)を追加し、スマートフォンのGPS、ジャイロスコープ、その他の組み込みセンサーを使用して、安全でない運転行動を検出しました。

UberとDiDiは、ライドシェアリング市場で支配的なプレーヤーであると推定されています。両社は、拡張、新製品開発、パートナーシップ、および合併と合併の戦略を採用しています。世界のライドシェアリング市場で主導的な地位を維持するための買収。顧客との関係を構築することで製品ポートフォリオとグローバルプレゼンスを強化し、現在の市場だけでなく新興市場にも足跡を残しています。

グローバルライドシェアリング市場の範囲

車種別のグローバルライドシェアリング市場

セダン/ハッチバック

UV

ヴァン

バス&コーチ

バイク

電気自動車

通勤距離によるグローバルライドシェアリング市場

都市内

都市間

タイプ別のグローバルライドシェアリング市場

通勤相乗り

ダイナミックライドシェアリング

長距離相乗りを修正

ターゲットオーディエンスによるグローバルライドシェアリング市場

企業

このレポートはこちらから購入できます@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/5291/Single

家族

毎日の通勤者

その他

ビジネスモデル別のグローバルライドシェアリング市場

ピアツーピア(P2P)

企業間(B2B)

企業から消費者へ(B2C)

地域別のグローバルライドシェアリング市場

北米

ヨーロッパ

アジア太平洋地域

ミドルE

このレポートの割引を受ける: https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/5296

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!