神経血管内コイル市場 2021 年の正確な見通し – Stryker、Codman (DePuy)、MicroVention、Medtronic

このレポートは、実現技術、主要な傾向、市場の推進力、課題、標準化、規制の状況、展開モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略を含む、神経内血管コイル市場の詳細な評価を示しています。 . レポートは、2021年から2026年までの神経内血管コイルの予測も示しています.レポートは、COVID-19以前の履歴データ、COVID-19の影響、およびCOVID-19(コロナウイルス)後のさまざまな地域や主要国、および将来への影響をカバーしています業界の発展が指摘されています。

神経血管内コイル市場は、収益の面で 4.1% の CAGR を登録し、世界の市場規模は 2025 年までに 10 億 2,620 万米ドルに達するでしょう。

このレポートのサンプル コピーについてのお問い合わせ:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02172618509/global-neuroendovascular-coil-market-growth-2021-2026/inquiry?Mode=48

レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。世界の神経血管内コイル市場のトップ企業: Stryker、Codman (DePuy)、MicroVention、Medtronic、Penumbraなど。

動脈瘤内の血流を防ぐために、神経血管内コイルリングが行われます。動脈瘤は、血管が過度に肥大し、血管壁が弱くなることです。これは、動脈瘤を密閉し、コイルの周りの血液凝固を促進し、その外壁への圧力を減らすことによって役立ちます。血管内コイル塞栓術は、通常、全身麻酔下で、神経外科医またはインターベンショナル神経放射線科医が透視画像ガイダンスを使用して行います。コイルを残して動脈瘤内に永久的に留置します。コイリングは、破裂した動脈瘤と未破裂の動脈瘤の両方に対して実行されます。神経血管内コイルは、動脈瘤の外科的クリッピングに代わる効果的な治療法として使用されます。この神経血管内コイル塞栓術は、脳卒中の原因となるくも膜下出血の予防に役立ちます。重度の合併症、さらには死に至ることもあります。老年期、喫煙、高血圧、薬物乱用、頭部外傷、大量のアルコール摂取、特定の血液感染、低エストロゲンレベルなど、多くの要因が動脈瘤や動脈壁の衰弱の発症に寄与する可能性があります。破裂した動脈瘤の診断は、くも膜下出血の兆候が見られた後、コンピューター断層撮影 (CT) スキャンによって行うことができます。コンピューター断層撮影スキャンが陰性の兆候を示した場合は、腰椎穿刺を行って脳脊髄液中の血液を検出し、動脈瘤を確認することができます。動脈瘤の検出と分析には、コンピュータ断層撮影血管造影 (CTA) も広く行われています。頭部外傷、大量のアルコール摂取、特定の血液感染症、低エストロゲン値、その他多くの要因。破裂した動脈瘤の診断は、くも膜下出血の兆候が見られた後、コンピューター断層撮影 (CT) スキャンによって行うことができます。コンピューター断層撮影スキャンが陰性の兆候を示した場合は、腰椎穿刺を行って脳脊髄液中の血液を検出し、動脈瘤を確認することができます。動脈瘤の検出と分析には、コンピュータ断層撮影血管造影 (CTA) も広く行われています。頭部外傷、大量のアルコール摂取、特定の血液感染症、低エストロゲン値、その他多くの要因。破裂した動脈瘤の診断は、くも膜下出血の兆候が見られた後、コンピューター断層撮影 (CT) スキャンによって行うことができます。コンピューター断層撮影スキャンが陰性の兆候を示した場合は、腰椎穿刺を行って脳脊髄液中の血液を検出し、動脈瘤を確認することができます。動脈瘤の検出と分析には、コンピュータ断層撮影血管造影 (CTA) も広く行われています。コンピューター断層撮影スキャンが陰性の兆候を示した場合は、腰椎穿刺を行って脳脊髄液中の血液を検出し、動脈瘤を確認することができます。動脈瘤の検出と分析には、コンピュータ断層撮影血管造影 (CTA) も広く行われています。コンピューター断層撮影スキャンが陰性の兆候を示した場合は、腰椎穿刺を行って脳脊髄液中の血液を検出し、動脈瘤を確認することができます。動脈瘤の検出と分析には、コンピュータ断層撮影血管造影 (CTA) も広く行われています。

製品タイプとアプリケーションによって分割された世界の神経血管内コイル市場:

このレポートは、タイプに基づいて世界の神経血管内コイル市場を分類します。

ベアメタルコイル

ハイドロゲル被覆コイル

アプリケーションに基づいて、グローバル神経血管内コイル市場は次のように分類されます。

動脈瘤塞栓

奇形 – 塞栓

虚血性脳卒中 – 血行再建

狭窄-血行再建

神経血管内コイル市場の地域分析:

北米(米国、カナダ、メキシコ)
欧州(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南米(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、等)
中東・アフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

レポートの説明と目次を参照します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02172618509/global-neuroendovascular-coil-market-growth-2021-2026?Mode=48

神経
血管内コイル市場レポートの影響: –神経血管内コイル市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。
-神経内血管コイル市場の主要プレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。
-今後数年間の神経血管内コイル市場の成長プロットに関する決定的な研究。
-神経血管内コイル市場の特定の推進力、制約、および主要なマイクロ市場の詳細な理解。
-神経内血管コイル市場を襲う重要な技術と市場の最新トレンドの中での好印象。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

-主要な戦略的開発:この調査には、市場の主要な戦略的開発も含まれています。地域規模。

-主要な市場の特徴:レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総、生産、生産率、消費、輸入/輸出、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益を含む主要な市場の特徴を評価しました. さらに、この調査では、主要な市場のダイナミクスとその最新動向、および関連する市場セグメントとサブセグメントに関する包括的な調査が提供されます。

-分析ツール:グローバル神経血管内コイル市場レポートには、主要な業界プレーヤーの正確に調査および評価されたデータと、多くの分析ツールを使用した市場におけるその範囲が含まれています。ポーターの 5 つの力分析、SWOT 分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールは、市場で活動している主要なプレーヤーの成長を分析するために使用されています。

レポートのカスタマイズ: このレポートは、最大 3 つの企業または国、または 40 時間のアナリスト時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。

営業チーム ( sales@marketinsightsreports.com ) にご連絡ください

私たちに関しては:

MarketInsightsReports は、ヘルスケア、情報通信技術 (ICT)、テクノロジーとメディア、化学薬品、材料、エネルギー、重工業などを含む業界に関するシンジケート市場調査を提供します。統計予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli (営業部長) – マーケット インサイト レポート

電話: + 1704 266 3234 | +91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!