経営コンサルティング市場2021サイズ、成長分析レポート、2029年までの予測:トレンド市場調査

グローバル経営コンサルティング市場は2017年に1,200億米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは4.45%で、2026年までに1,700億米ドルに達すると予想されています。

ネットワークベースのコンサルティングやクラウドソーシングなどのビジネスモデルは現在、経営コンサルティングで成長しており、Wikistrat、HourlyNerd、Business TalentGroupなどのプレーヤーに受け入れられています。北米とヨーロッパは非常に成熟した市場であり、完全なコンサルティング収益の約4分の3に貢献しています。これに加えて、これらの地域で複合クライアントの要件を満たすサプライヤーの能力も高いです。一方、アジア太平洋地域の市場シェアは比較的重要ではありません。コンサルティングサービスの需要は、運用効率の必要性などの要因によって推進されています。

このレポートの独占PDFサンプルコピーを入手@  https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/4050

組織は継続的にコストを削減し、その有効性を高めようとしています。これにより、激しい競争に抵抗する手段として、コスト削減を消費者に還元することができます。これは、業務効率に関連するビジネスプロセスの発明とコンサルティングの需要の増加につながります。
経営コンサルティングサービスには主にオペレーションアドバイザリー、戦略アドバイザリー、人事アドバイザリーの3種類があり、オペレーションアドバイザリーは経営コンサルティングサービスの主なタイプであり、オペレーションアドバイザリーは2017年に最高の売上高を達成し、米国の売上高の50%を占めています。

経営コンサルタントは、戦略的および組織的計画、マーケティングの目的と方針、財務計画と予算編成、人的資源の方針、実践と計画、生産計画、および管理計画に関する協会へのアドバイスと支援を提供しています。この業界には情報技術(IT)やコンピューターコンサルティングサービスは含まれていませんが、IT戦略サービスから得られる収益はすべて含まれています。

経営コンサルティングは、主に既存の組織の困難の分析と改善計画の策定を通じて運営され、組織の業績を改善することを奨励する慣行です。組織は、外部の(そしておそらく客観的な)アドバイスを得たり、コンサルタントの専門的な専門知識にアクセスしたりするなど、さまざまな理由で経営コンサルタントのサービスを利用する場合があります。

市場で運営されている主要なプレーヤーには、デロイトコンサルティング、PwC、EY、KPMG、アクセンチュア、IBMが含まれます。

グローバル経営コンサルティング市場の範囲:

タイプ別グローバル経営コンサルティング市場:
運用アドバイザリ
戦略アドバイザリー
人事アドバイザリー

アプリケーション別のグローバル経営コンサルティング市場:
5億ドル未満
5,000ドルから10億ドル
10億ドルから50億ドル
50億ドル以上

地理学によるグローバル経営コンサルティング市場:

直接発注書@  https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/4050/Single

北米
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
ラテンアメリカ
中東&アフリカ

市場で運営されている主要なプレーヤーは次のとおりです。
デロイトコンサルティング
PwC
EY
KPMG
アクセンチュア
IBM
マッキンゼー
ブーズアレンハミルトン
ボストンコンサルティンググループ
ベイン&アンプ;会社
カプコ
キャップジェミニコンサルティング
CGI
コグニザントテクノロジーソリューション
エルンスト&若い
世界中の支点
FTIコンサルティング
グラントソントン
ヘイグループ
HCLアクソン
ヒューイットアソシエイツ
日立コンサルティング

レポート割引のリクエスト@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/4050

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!