潰瘍性大腸炎市場の 専門家によるレビューと分析2021年の研究報告

 

レポートは、実現技術、主要な傾向、市場ドライバー、課題、標準化、規制の風景、展開モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略を含む潰瘍性大腸炎の詳細な評価を提示します。レポートはまた、2021年から2027年までの潰瘍性大腸炎への投資の予測を示しています。

レポートで引用されている主要なプレーヤー:Johnson&Johnson。、AbbVie、Takeda Pharmaceuticals、Roche、Warner Chilcott、Salix Pharmaceuticals / Santarus、Shire Pharmaceuticals、Ferring Pharmaceuticals、Pfizer、InDeXPharmaceuticalsその他。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/05221251994/global-ulcerative-colitis-market-insights-forecast-to-2025/inquiry?&Mode=54

競争力のある風景

世界の潰瘍性大腸炎市場の主要なプレーヤーは、最近の動向、ビジネス戦略、財務力、弱点、および主な事業を含むさまざまな要因に基づいてプロファイルされます。潰瘍性大腸炎レポートは、合併と買収、コラボレーション、新製品の発売、パートナーシップなど、主要なプレーヤーの主要な戦略的動きの特別な評価を提供します。

タイプ別の潰瘍性大腸炎の内訳データ
経口
注射アプリケーション別の
潰瘍性大腸炎の内訳データ病院のドラッグストア

レポートからのさらなる重要な発見は、

潰瘍性大腸炎薬市場は2018年に67.9億米ドルの市場シェアを保持し、予測期間中に4.6%の割合で成長すると予測されています。

医薬品の種類に関連して、生物製剤セグメントは2018年に27.8億米ドルの最高の収益を生み出し、予測期間中のCAGRは4.6%でした。全身に影響を与えるのではなく、選択的な方法で作業する際のBiologicsの有効性により、投薬関連の副作用が軽減され、ケア提供者とケアユーザーの間の好みが高まり、このセグメントによって生み出される収益に貢献します。

投与経路に関連して、経口セグメントは、予測期間中に5.4%のより速い成長率を目撃すると予測されています。このセグメントが目撃した成長率は、強力なパイプライン製品の存在とさまざまな医薬品の継続的な開発、および状態に対する意識の高まりに起因しています。病気についての意識が高まると、状態が早期に発見され、通常は治療の最初のステップである5-アミノサリチル酸の需要が高まります。

流通チャネルに関連して、病院薬局セグメントは2018年に45.0%の最大の市場シェアを保持し、予測期間中のCAGRは4.7%でした。病院薬局セグメントが占める市場シェアは、病状の発生率の上昇、入院患者と外来患者の数の増加、病気に関連する入院数の増加の結果であり、その結果、この流通経路からの病気の薬。

市場における主要な開発:

2017年12月、ベーリンガーインゲルハイムインターナショナルGmbHは、ロシュによる炎症性腸疾患(IBD)の治療のための経口投与可能な新規ロックド核酸(LNA)オリゴヌクレオチドの発見と開発に関する共同合意を発表しました。ベーリンガーインゲルハイムとロシュは協力して、補完的な専門知識と革新的なLNAテクノロジーを活用して、IBD患者に新しい治療アプローチをもたらします。

2018年2月、再生医療企業であるRegentysは、潰瘍性大腸炎の新しい治療法を開発するために、Cook BiotechInc。との提携を発表しました。この条件の下で、Cook Biotechは、Regentysがライセンスを取得した臨床製品であるECMH Rectal Solution(細胞外マトリックスヒドロゲル)を開発および製造します。

追加のオファリング

  • 計量経済学モデリング
  • 買収、売却、投資分析
  • 事業計画の分析
  • 特許分析
  • ポジショニングとターゲティング分析
  • 需要予測
  • 製品とアプリケーションの可能性の分析

完全なレポートと目次を閲覧する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/05221251994/global-ulcerative-colitis-market-insights-forecast-to-2025?Mode=54

TOCのハイライト:

市場の概要:製品の概要と世界の潰瘍性大腸炎市場の範囲から始まり、その後、アプリケーションと製品ごとに消費と生産の成長率を比較します。また、2014年から2025年のレビュー期間における地域調査と潰瘍性大腸炎の市場規模分析を垣間見ることができます。

会社概要:レポートで紹介されている各企業は、価格、潰瘍性大腸炎市場の粗利益、収益、生産、提供市場、主な事業、製品仕様、アプリケーション、紹介、提供地域などの重要な要素を考慮して、市場の成長を評価されます、および生産現場。

製造原価分析:これには、産業チェーン分析、製造プロセス分析、製造原価構造の割合、および主要原材料の分析が含まれます。

市場のダイナミクス:読者には、潰瘍性大腸炎の市場の課題、影響要因、推進要因、機会、傾向の包括的な分析が提供されます。

市場予測:ここでは、潰瘍性大腸炎レポートは、アプリケーション別の消費予測、価格、収益、製品別の生産予測、地域別の消費予測、地域別の生産予測、および生産と収益の予測を提供します。

その他の関連レポートを閲覧する:

世界のスウェーデンのポルフィリン症治療の市場規模、状況および予測2021-2027-

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04031948262/global-swedish-porphyria-treatment-market-size-status-and-forecast-2021-2027?mode=54

世界のアルギナーゼ欠乏症治療市場2019年メーカー、地域、種類、用途別、2024年までの予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/03061136790/global-arginase-deficiency-treatment-market-2019-by-manufacturers-regions-type-and-application-forecast-to-2024?mode=54

世界のビタミンD欠乏症治療市場2019年企業別、地域別、種類別、用途別、2024年までの予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/05301271379/global-vitamin-d-deficiency-treatment-market-2019-by-company-regions-type-and-application-forecast-to-2024?mode=54

レポートでCovid-19の影響をどのように考慮したか:

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

お問い合わせ:

IrfanTamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!