大きな変化をもたらすための相乗り市場の現在の影響2021-2026 | AZimride Inc.、Kangaride、CarpoolWorld(Datasphere Corporation)、Via Transportation、Inc.、SPLT(Bosch)

相乗り市場–成長、トレンド、および予測(2020 – 2025)

相乗り市場は徹底的に精査され、主要な経済地域とその地形的地域に基づく地理的位置によって慎重に区別されています。競争の激化と市場のダイナミクスの変化が浮き彫りになりました。積極的な市場プレーヤーは、会社の概要、財務の概要、ビジネス戦略、製品ポートフォリオ、および最近の開発の属性でプロファイルされます。2020年から2025年までの市場シェアと市場規模の著名なプレーヤーは、このレポートでプロファイルされます。

相乗り市場は非常に競争が激しく、多くの主要なプレーヤーで構成されています。トップ企業Zimride株式会社、Kangaride、CarpoolWorld(Datasphere社)、経由交通社、SPLT(ボッシュ)、スクープ・テクノロジーズ社、BlaBlaCar、GoMore ApSは、Klaxit SAS(旧Wayzup)、Flinc社(ダイムラー・モビリティサービスなどの)、WunderCar Mobility Solutions GmbH、Didi Chuxing Technology Co

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10192355639/ridesharing-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?Mode=70

レポートの範囲

ライドシェアリング市場は2019年に730.7億米ドルと評価され、2020年から2025年までの予測期間にわたって19.2%のCAGRで、2025年までに2096.0億米ドルに達すると予想されています。コストと時間の節約につながる輸送に対する需要の増加市場を牽引します。車両所有コストの増加、環境への配慮のための交通量の削減の必要性、およびライドシェアリングオプションを促進する政府規制は、世界中でライドシェアリングサービスの採用を推進する主要な要因の一部です。

主要な市場動向

COVID-19は市場に重大な脅威をもたらすと予想されています

–最近のCOVID -19の発生により、ライドヘイリングとライドシェアリングの両方で需要が大幅に減少しました。しかし、多くの人が自家用車にシフトしているため、多くの人がライドシェアリング市場が再び出現する可能性があると信じています。これにより、FixedRidesharingやCorporateRidesharingなどのライドシェアリングサービスが強化される可能性があります。2020年3月中旬にCars.comが実施した最近の世界的な調査によると、回答者の40%以上が、伝染性ウイルスを捕まえる可能性を減らすために相乗りやヘイリングサービスの使用をやめたことが示唆されています。90%以上が自分の車を使い始めたと答え、回答者の20%はすでに新しい車の購入への投資を検討し始めています。
–多くの政府は、汚染を管理するための相乗りや相乗りサービスも拒否しています。ハーバード大学T.Hによる研究によると。大気汚染の多い都市(PM 2 .5)のChan School of Public Healthは、コロナウイルス感染の影響を受けやすくなっています。同様に、European Public Health Alliance(EPHA)は、大気汚染がコロナウイルスの影響を増大させる可能性があると述べています。2020年4月、米国疾病対策センターは、ライドシェアドライバーおよびその他の運転職業(タクシー、リムジンなど)に関する新しいガイドラインを発行しました。CarGurusの最近のCOVID-19感情調査は、自動車販売が長期的にパンデミックの影響を受ける可能性が低いことを示しています。回答者の79%は、パンデミックの結果として車の購入を遅らせています。39%が、配車サービスの消費を減らすか、完全に使用をやめると報告しました。
–しかし、今後数か月のうちに、COVID -19の流行は、特に中国やインドのような人口密度の高い国で、間違いなく運輸部門を変えるでしょう。車両販売の変動とUberのような配車サービスへの信頼の低下により、一部の相乗りおよび配車サービスのスペースが開発されることが期待されています。多くの市場ベンダーもCOVID-19パンデミックでの提供を変更しており、これによりブランドイメージが生まれ、顧客の信頼も得られることが期待されています。たとえば、ドイツでは、Berliner Verkerhsbetriebe(BVG)がライドシェアサービスであるBerlKnigを提供しており、COVID-19の発生時に通常の運用を停止していました。代わりに、同社は夕方と夜間の時間帯に医療スタッフに無料のリフトを提供しています。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:この調査には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

主要な市場機能: レポートは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、インポート/エクスポート、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場機能を評価しました。 。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

分析ツール:ライドシェアリング市場レポートには、多数の分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲について正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。 

完全なレポートの説明と目次を参照してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10192355639/ridesharing-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?Mode=70

この調査には、2015年から2020年までの履歴データと、2025年までの予測が含まれているため、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

メディアお問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

[email protected]  | [email protected]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!