グルーミング地域における溶射材料市場の見通しと機会:エディション2021-2026

溶射材料市場は最近、100を超える業界情報デスクと図がページ全体に広がり、溶射材料市場の詳細な目次を理解しやすいMarketInsightsレポートを公開しました。

世界の溶射材料市場2021:このレポートは、ハイライトの機会を提供し、戦略的および戦術的な意思決定をサポートします。このレポートは、この急速に進化し競争の激しい環境では、最新のマーケティング情報がパフォーマンスを監視し、成長と収益性に関する重要な決定を行うために不可欠であることを認識しています。トレンドと開発に関する情報を提供し、市場と材料、容量、および溶射材料の構造の変化に焦点を当てています。レポートはまた、2021年から2026年までの世界の溶射材料市場への投資の予測を示しています。

溶射材料市場2021に関する最新の研究のサンプルPDFコピーを入手してください

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061951451/thermal-spray-materials-market-growth-trends-and-forecast-2021-2026 / inquiry ?mode = 54

溶射材料市場は、予測期間中に7%以上のCAGRを登録する予定です。調査対象の市場を牽引する主な要因は、自動車業界における高性能のカスタマイズされた合金粉末の需要の増加と、溶射セラミックコーティングの人気の高まりです。一方、プロセスの信頼性と一貫性、およびハード3価コーティングの出現に関する問題は、市場の成長を妨げると予想されます。

-航空宇宙産業が市場を支配しており、世界中で旅客旅行の需要の増加と民間航空機の生産の増加により、予測期間中も成長を続けると予想されます。
-溶射処理材料のリサイクルと溶射技術の進歩は、将来の機会として機能する可能性があります。
-北米が市場を支配し、世界全体でアジア太平洋とヨーロッパが続き、米国、中国、ドイツなどの国々からの消費が最大でした。

主要な市場動向

航空宇宙産業が市場を支配する

-溶射材料は航空宇宙セクターで広く使用されています。それらは、航空機全体のさまざまな部分に適用されるコーティングの製造に使用されます。これらのコーティングはコンポーネントの寿命を延ばすため、メンテナンスコストを削減し、燃料効率を向上させます。
-航空機のガスタービンに溶射コーティングを使用すると、耐食性の向上、汚染物質に対する耐性、熱効率の向上、窒素酸化物(NOX)の排出量の削減、コンポーネントの寿命の延長など、さまざまな利点が得られます。
-航空機の部品や機器の製造に使用されるほとんどの超合金材料は、優れた酸化特性を備えていますが、耐食性や耐侵食性はありません。航空部品は、過酷な環境、非常に高い熱と圧力、および研磨剤にさらされます。溶射材料は、コンポーネントの寿命を延ばし、パフォーマンスを向上させることにより、高価なエンジンコンポーネントを保護する上で大きな役割を果たします。
-酸化ジルコニウム、アルミニウム青銅、コバルト-モリブデンなどの溶射コーティングは、ロケット燃焼室、コンプレッサーエアシール、高圧ノズルのコーティング目的でそれぞれ使用されます。さらに、タービンエアシール、燃料ノズル、タービンベーンには、コバルトクロム、酸化アルミニウム、炭化クロムのコーティングが採用されています。
-さらに、世界の国防予算も日々増加しています。戦闘機、衛星、無人航空機(UAV)のエンジン部品や機体向けの高度な技術や高度な機器の開発のために、製造業者や国防大臣や将軍などの高官を通じてさまざまな研究開発が行われています。 、それは軍によって使用されています。
-そのようなすべての要因は、予測期間中に航空宇宙セクターの溶射材料の需要を駆動すると予想されます。

北米が市場を支配すると予想される

-北米地域が市場シェアを支配した。米国は世界で2番目に大きな自動車生産国です。
-米国の航空宇宙産業も、フランス、中国、ドイツなどの国への航空宇宙部品の強力な輸出と、米国での堅調な個人消費により繁栄しています。
-カナダの製造業も、企業投資、政府支出、個人支出の増加により、予測期間中に繁栄すると予想されます。
-カナダの航空宇宙産業も力強い成長を遂げています。この国は、民間航空機の生産で3番目に大きく、ビジネス航空機の生産で2番目、ヘリコプターの生産で3番目です。
-米国とカナダでのこれらのエンドユーザー産業の台頭により、予測期間中に北米が市場を支配すると予測されています。

競争力のある風景

世界の溶射材料市場は細分化されており、世界市場で主要なシェアを獲得するためにトッププレーヤー間の激しい競争があります。主要企業には、Hoganas AB、Linde plc、OC Oerlikon Management AG、CASTOLIN EUTECTIC、HCStarckなどがあります。

 フォームのトップ

レポートの範囲

世界の溶射材料市場に関する調査レポートは、市場の財務見通しを特定することを目的とした包括的な出版物です。同じ理由で、それは競争の状況の詳細な理解を提供します。それは彼らの主要なプレーヤーのいくつか、彼らの管理スタイル、彼らの研究開発状況、そして彼らの拡大戦略を研究します。レポートには、製品ポートフォリオとパイプライン内の製品のリストも含まれています。それは、既存のものをアップグレードするために行われている最先端の技術と投資の徹底的な説明を含みます。

目次

1世界の溶射材料市場の紹介

1.1市場の概要

1.2レポートの範囲

1.3前提条件

2エグゼクティブサマリー

3調査方法

3.1データマイニング

3.2検証

3.3一次インタビュー

3.4データソースのリスト

4世界の溶射材料市場の見通し

4.1概要

4.2市場のダイナミクス

4.2.1ドライバー

4.2.2拘束

4.2.3機会

4.3ポーターズファイブフォースモデル

4.4バリューチェーン分析

5展開モデル別の世界の溶射材料市場

5.1概要

6グローバル溶射材料市場、ソリューション別

6.1概要

7世界の溶射材料市場、垂直別

7.1概要

8地理学による世界の溶射材料市場

8.1概要

8.2北米

8.2.1米国

8.2.2カナダ

8.2.3メキシコ

8.3ヨーロッパ

8.3.1ドイツ

8.3.2英国            

8.3.3フランス

8.3.4その他のヨーロッパ

8.4アジア太平洋

8.4.1中国

8。4。2日本

8.4.3インド

8.4.4その他のアジア太平洋

8.5その他の地域

8.5.1ラテンアメリカ

8.5.2中東

9グローバル溶射材料市場の競争力のある風景

9.1概要

9.2会社の市場ランキング

9.3主要な開発戦略

10会社概要

10.1.1概要

10.1.2財務実績

10.1.3製品の見通し

10.1.4主な開発

11付録

溶射材料市場レポートの影響: 

-市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

–溶射材料は、最近の革新と主要なイベントを市場に出します。

-市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。

-今後数年間の溶射材料市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-市場固有の推進要因、制約、および主要なマイクロ市場に関する深い理解。

-市場を襲う重要な技術および市場の最新トレンド内の好意的な印象。

完全なレポートを閲覧する: https //www.marketinsightsreports.com/reports/04061951451/thermal-spray-materials-market-growth-trends-and-forecast-2021-2026 ?mode = 54

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

また、特定のクライアントの要件に基づいて、レポートのカスタマイズを提供します。

–選択した5か国の無料の国レベル分析。

–5つの主要な市場プレーヤーの無料の競合分析。

–他のデータポイントをカバーするために40時間のアナリストを解放します。

お問い合わせ:

IrfanTamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!