カタールのモノのインターネット(IoT)市場-成長、傾向、および予測(2020-2025)

カタールのモノのインターネット(IoT)市場は、2020年から2025年までの予測期間で32.65%のCAGRを記録すると予想されます。すべてのアラブ諸国の中で、カタールは技術的に進んだと言える数少ない国の1つです。この国では、IoT、バーチャルリアリティ、ロボット工学、そして最新の5Gに始まり、高いイノベーション率が見られます。さらに、カタールはその長期的なビジョンと戦略の一環として、中東で最も賢い国の1つになることを目指しています。インターネットとスマートフォンの普及率が高いことを考えると、この国は技術への対応という点で成長する準備ができており、新しい技術を採用する意欲が高いことを示しています。世界経済フォーラム(WEF)によると、2019年のカタールでのICT採用スコアは83.8%で、141か国中8位にランクされました。

-カタールの運輸通信省(MOTC)は、スマートカタールの目標を達成するために複数のセクターが協力できるイノベーションクラスターとしてTasmu DigitalValleyを設立しました。Tasmu Digital Valleyは、新興企業、起業家、投資家、研究者、学者、学生、多国籍企業、機関を、新しいデジタルソリューションを革新するという共通の目標と結び付けるスマートなプラットフォームです。コンポーネントとしてのIoTは、Tasmu Smart Qatarのユースケースの40%です。政府は、Tasmuプログラムの実施に今後数年間で60億QARを費やすことを約束しました。開発においてIoTを大いに活用するその他のスマートシティイニシアチブ:ルサイルは、2020年に450億米ドルで完成する目標人口26万人のグリーンフィールドスマートシティです。ムシェイレブ、
–Labeeb IoTは、カタールモビリティイノベーションセンター(QMIC)によって開発された製品です。QMICは、スマートモビリティサービスとシステムの開発と展開に焦点を当てた、カタールで最初の独立したイノベーションセンターです。これは、地域の課題に取り組み、カタールのメガプロジェクトとともに成長する技術ベースの産業を創出するために、地元で設計された知識と革新を促進しました。特に、QMICは、ロジスティクスとテレマティクス、インテリジェントトランスポート、交通安全、環境など、いくつかの垂直ドメインにわたってIoTプラットフォームとIoTソリューションおよびサービスを提供してきました。QMICは、カタール科学技術公園(QSTP)に拠点を置き、主要なグローバルおよび国内の企業や利害関係者と協力して、この地域に市場に焦点を合わせたイノベーションエコシステムを構築しています。
-2019年12月、マイクロソフトは、信頼できるインテリジェントなクラウドサービスを提供し、マイクロソフトのグローバルクラウドインフラストラクチャを複数の国の55のクラウドリージョンに拡張するために、カタールに新しいクラウドデータセンターリージョンを設立する計画を発表しました。カタールは、2021年のMicrosoft Azure以降、Dynamics 365、Office 365、およびPowerPlatformで利用可能になる予定です。マイクロソフトとのこのコラボレーションは、カタール政府が主導する、カタール国家ビジョン2030に示されているように、国のデジタル変革計画を実施し、知識経済を構築する取り組みを加速する一環として行われます。運輸通信省(MOTC)が発表しました。優先クラウドプラットフォームとしてのAzureの選択。Microsoft Azureは、コンピューティング、ネットワーキング、データベースを提供する、拡大を続けるクラウドサービスのセットです。
-カタールの高齢者人口(65歳以上)は3万人以上と推定されています。高齢者人口の増加は、慢性健康疾患の負担の増加をもたらします。これにより、身体活動が低下し、運動能力が失われます。また、COVID-19による重篤な病気のリスクは年齢とともに増加し、高齢者が最もリスクが高くなります。これにより、センサーを介した患者の移動をサポートし、緊急時に即座に対応するためのInteractive Connectivity Establishment(ICE)の追跡と対応の必要性が大幅に高まります。このIoTアプリケーションの利用は、患者の健康と動きを監視するセンサーのシステムを開発することにより、特に高齢者に迅速な医療支援を提供する可能性があります。

主要な市場動向

コミュニケーション/接続性は大きなシェアを保持すると予想されます

-5Gの時代は、IoTベースのアプリケーションに使用されている現在のワイヤレス通信方法を再構築することが期待されています。IoTは、適切で手頃なワイヤレス接続、相互運用性、および共通の標準がなければ成功しません。5Gは、特に信頼性、スケーラビリティ、遅延、セキュリティ、および接続パラメータの個々の制御のレベルの分野で、IoTエコシステムの設計方法に大きな影響を与える大きな可能性を秘めています。この地域でのセルラーIoTの展開は、コネクテッドカー、公益事業、運輸業界全体で加速しており、5Gが間近に迫っていることで、IoTの採用はさらに急速に拡大する可能性があります。カタール全土のネットワークプロバイダーは、5G対応デバイスとともに5G接続をますます提供しています。
-2019年2月、HuaweiとVodafone Qatarは、大規模な5Gテクノロジーの展開を含む、VodafoneQatarの完全なワイヤレスネットワークインフラストラクチャを大幅に改善および拡張することに合意しました。5Gは、あらゆる種類のスマートデバイスに電力を供給するためのリアルタイム接続を提供します。5Gテクノロジーは、モノのインターネット(IoT)の大きな可能性を解き放ち、経済的利益を大幅に促進し、生計を向上させます。これには、自動運転車が交通システムや接続された家とシームレスに相互作用して温度とエネルギーを制御するスマートシティが含まれます。この合意により、デジタルイノベーションの最前線にいる企業が一堂に会し、カタールのデジタル変革を加速させて、国の経済成長目標と国の課題を達成することが期待されています。

Click here to download the sample report >>  https://www.sdki.jp/sample-request-90633

– In October 2019, Ooredoo launched IoT Connect Single SIM, the latest Internet of Things (IoT)- enabled Qatar’s enterprises to manage their IoT device data usage. Ooredoo IoT Connect helps organizations control and track networked devices with an online portal, flag international roaming connections, and measure data consumption. With IoT Connect Single SIM, organizations can automatically set, monitor, and limit data allowances for individual IoT-connected devices, leading to full mobility cost control. In response to customers’ feedback, IoT Connect Single SIM features real-time data usage dashboards and individualized reports, along with built-in rules for alerts, usage limits, and compatibility with 5G.
– In July 2020, Ooredoo Qatar has launched a Nokia-powered cloud-native core network for the rollout of commercial 5G services, allowing the operator to provide better mobile broadband services to almost two million subscribers in Qatar. The new core network makes way for automation for streamlined network management and improved network efficiency. The transformation of the core network also makes Ooredoo Qatar bring new use cases such as Industrial IoT (IIoT), Voice over Broadband (VoBB), Voice over WiFi (VoWiFi) to its subscribers. The cloud-native core is required to meet the vital business objectives of 5G, including better latency and bandwidth, the requirement of IoT, and providing new services beyond the traditional offerings of broadband, voice, and messaging by service providers.

Transportation and Logistics is Expected to Hold Significant Share

– As Qatar transportation infrastructure grows, an increase in traffic-related problems such as traffic congestion, safety, and pollution becomes inevitable. This will necessitate the implementation of sensory infrastructure to collect data about traffic conditions and make the appropriate changes. Application of traffic sensors to monitor traffic conditions and trends and collect actionable data could curb the amount of congestion and foster a safer and more active travel experience, which could significantly reduce the amount of time that the Qatari population spends stuck in traffic during their daily commutes. Other use cases of IoT include connected Transport Network, the road to vehicle communication, and public transportation social listening.
– Vehicles in Qatar operate in silos despite being the major cause of traffic congestions and incidents on the road. There is a significant potential to decrease congestions and collisions by connecting vehicles to the infrastructure. With the usage of IoT, vehicles could receive real-time roadway information from central traffic management systems. The vehicles can recognize high-risk situations in advance, resulting in driver alerts and warnings through specific actions. The drivers could also make aware of their surroundings, such as traffic lights, traffic signals, parking lots, and emergencies, to act accordingly. This could open significant opportunities in Connected Vehicles (V2V), Real-Time Crowd and Transportation Management, and Mobility Contextual Pre-Advice.
– In December 2019, Qatar Investment Authority (QIA) and Volkswagen AG partnered in Project Qatar Mobility, which will put a fleet of self-driving Level 4 electric shuttles into Qatar’s capital Doha in 2022. The plan is to develop an autonomous transport project, which will transform the future of urban mobility into the commercial and sustainable deployment of AD shuttles and bus services. IoT technologies can drastically improve the abilities of the self-driving vehicle in better understanding its environment. Autonomous vehicles are thus connected to share information from the on-board sensors, as well as from smartphones of pedestrians and cyclists, traffic sensors, parking detectors, etc. During the 2022 FIFA World Cup, the largest sporting event globally, Qatar aims to be the venue for the world’s first emission-free, electric and autonomous public transport system.

Click here to download the sample report >>  https://www.sdki.jp/sample-request-90633

– Qatar has developed a new and sustainable transportation network; however, a few opportunities at the municipality levels need to be implemented to optimize the new transportation system’s performance. One of the resulting opportunities is to introduce an e-bike sharing service. This will help in reduced air pollution, reduced traffic congestion, and associated health benefits. The utilization of connected eBikes could create a cost-effective and sustainable measure to address prevalent transportation issues such as additional support to other transportation modes, e.g., Metro and Bus stations. This could be coupled with additional services by providing eBike sharing stations at strategically located areas to help decrease dependency on carbon-based transportation modes.

Competitive Landscape

The Qatar Internet of Things (IoT) market appears to be moderately fragmented due to the presence of significant technological giants in the market. Key strategies adopted by the major players in the market are product innovation and mergers and acquisitions. Some of the major players in the market are Labeeb IoT (Qatar Mobility Innovations Center), Ooredoo Q.P.S.C., Vodafone Qatar P.Q.S.C., Cisco Systems Inc., etc.

– February 2020 – Ooredoo announced a new IoT initiative in Qatar, an industrial metering solution. Using IoT will help Qatar’s organizations to understand which departments or sections are consuming the most water and energy and thereby pinpoint ways to start saving on their consumption costs. The application, built on Ooredoo’s IoT Platform, provides a graphical dashboard with real-time analytics, granular reporting with historical data for benchmarking and alerts on critical events.
– January 2020 – Cisco announced a comprehensive Industrial IoT cybersecurity architecture to enable Information Technology (I.T.) and Operational Technology (O.T.) to protect their operational environments with four key capabilities: policy definition, identification, enforcement of the policy, and monitor ongoing operation of the entire system. Cisco Cyber Vision is one of the first software-based IIoT security solutions embedded in the Cisco industrial networking portfolio.

Reasons to Purchase this report:

– The market estimate (ME) sheet in Excel format
– 3 months of analyst support

 

コーヒー市場
カナダナトリウム還元成分市場南
アメリカ乳酸市場
インドナトリウム還元成分市場
電磁流量計市場
クロレラ成分市場
アフリカジャガイモタンパク質市場
イタリアアンチケーキング市場
メキシコ工場自動化および産業用制御市場
電子包装市場
食品テクスチャライザー市場
アスコルビン酸市場
フランスナトリウム削減成分市場
メモリスター市場
アフリカホエイプロテイン市場
米国LED市場
ヨーグルト市場
肉成分市場
ロシア食品添加物市場
食品不耐性製品市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です