News

グローバル前頭側頭障害治療市場サイズ、競争力のある分析、シェア、予測-2020-2026

Global Frontotemporal Disorder Treatment Market

世界の前頭側頭障害治療市場は、予測期間中に約5%のかなりのCAGRで成長すると予測されています(2020-2026)。 この種の障害の影響を受けやすい高齢者の人口の増加とともに前頭側頭性障害の有病率の増加は、グローバル前頭側頭性障害治療市場の成長を促進する重要な要因であると期待されている。 世界保健機関(WHO)によると、2019年には約50万人が認知症とともに生活しており、その数は2050年までに三倍になると予想されている。 さらに、毎年10万件近くの新しいケースが増加すると予想されています。 前頭側頭性障害は、前頭側頭葉変性症(FTLD)として知られている脳障害の家族によって引き起こされる認知症の形態である。
無料サンプルコピーをゲット@https://www.omrglobal.com/request-sample/frontotemporal-disorder-treatment-market
前頭側頭障害に罹患している患者の数が増えるにつれて、いくつかの民間または非営利組織が積極的に医薬品開発手順に焦点を当てている。 例えば、2019では、国立衛生研究所(NIH)は、アルツハイマー病関連痴呆症(ADRD)の研究プロジェクトに約387百万ドルを費やしていました。 したがって、ブルーフィールドプロジェクト組織、CurePSP、株式会社などの非営利団体による資金調達の取り組みの上昇。 アルツハイマーディスカバリー財団(ADDF)、タウコンソーシアム組織、薬物研究イニシアチブをサポートするための前頭側頭変性協会(AFTD)は、世界中の前頭側頭障害治療産業の成長を推進することが期待されています。 しかし、厳しい政府規制、意識の欠如、および新しい治療法の欠如は、世界市場の成長を妨げると予想される重要な要因です。
完全なレポートの説明を参照します@https://www.omrglobal.com/industry-reports/frontotemporal-disorder-treatment-market
市場セグメント化
薬物クラス別のグローバル前頭側頭障害治療市場
•認知エンハンサー
•抗精神病薬
•抗うつ薬
*CNS覚醒剤
•その他
疾患適応によるグローバル前頭側頭障害治療市場
•前頭側頭性認知症
*原発性進行性失語症
*運動障害
流通チャネルによるグローバル前頭側頭障害治療市場
•病院の薬局
*小売薬局
•その他
地域分析
北アメリカ
*米国
•カナダ
ヨーロッパ
*イギリス
•ドイツ
•イタリア
•スペイン
•フランス
*ヨーロッパの残りの部分
アジア太平洋地域
•中国
•インド
•日本
*アジア太平洋地域のその他の地域
世界の残りの部分
会社概要
•アラガン社
•株式会社アポテックス
•アストラゼネカ株式会社
•株式会社バウシュ-ヘルス-カンパニーズ
•イーライ-リリー-アンド-コー
*F.ホフマン-ラ-ロッシュ(株)
•グラクソ-スミスクラインPlPLC
*株式会社インタス製薬
•ジョンソン&ジョンソンサービス株式会社
•株式会社メルクアンドカンパニー
•マイランN.V.
•ノバルティスAG
•株式会社ファイザー
•サノフィS.A.
•テバ薬品工業株式会社
よりカスタマイズされたデータ、報告書のカスタマイズ@https://www.omrglobal.com/report-customization/frontotemporal-disorder-treatment-market
オリオン市場調査について
Orion Market Research(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査およびコンサルティング会社です。 当社は、経験豊かなチームのアナリスト、あるいはコンサルタント OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究ベースのサー
メディア連絡先:
会社名:オリオン市場調査
担当者:アヌラグ-ティワリさん
メール:info@omrglobal.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close