NewsPress Release

業界の専門家からの入力による食品抗菌添加物市場分析2020-2026

最終報告書は、この業界に対するCOVID-19の影響の分析を追加します。

世界の食品抗菌添加物の市場規模と2025年までの予測というタイトルのMarketIntelligenceDataレポートは、市場全体の包括的な見解を示しています。アナリストは、世界の食品抗菌添加物市場によって達成されたマイルストーンと、その将来を形作る可能性のある現在の傾向を注意深く評価しました。一次および二次調査の方法論を使用して、この主題に関する徹底的なレポートをまとめました。アナリストは、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定に向けてクライアントを導くために、世界の食品抗菌添加物市場について公平な見通しを提供しています。

世界の食品抗菌添加物市場は、この世界市場を推進する傾向と要因に関する有用な洞察を提供します。この市場調査では、市場構造と展望、課題、需要要因、および予想される市場パフォーマンスの観点から、世界の食品抗菌添加剤市場の顕著な特徴について包括的に説明しています。

世界の食品抗菌添加物市場は、予測期間(2020年から2025年)の間に5.16%のCAGRで成長すると予測されています。

レポートのサンプルコピーを入手します。 

https://www.marketintelligencedata.com/reports/81260/-food-antioxidant-additives-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=88

レポートで紹介されている世界の食品抗菌添加物市場で活動しているトップ企業 Koninklijke DSM NV、The Archer Daniels Midland Company、DuPont de Nemours、Inc.、Corbion NV、Galactic、BASF SE、Jungbunzlauer Suisse AG、Celanese Corporation

主要な市場動向

食品の安全性と品質に対する消費者の関心の高まり

食品中の腐敗微生物叢の成長は、貯蔵寿命、テクスチャー特性、および完成品の全体的な品質に悪影響を及ぼし、したがって消費者の選択に影響を及ぼし、重大な商業的損失をもたらします。これは、食品の腐敗の問題に取り組むべき緊急性と注意を浮き彫りにします。さらに、食品媒介性疾患の発生、粗悪品の症例、および毒性の増加は、食品の安全性に対する脅威をますます明らかにしています。疾病管理予防センター(CDCP)は、毎年、10人に1人が食中毒のために病気になっていると報告しています。最も重要なことは、5歳未満の子供はリスクが高いということです。また、WHOの推定によると、食中毒の世界的な負担は、毎年約125,000人の子供たちが食中毒のために亡くなっています。

製品タイプとアプリケーションによって分割された世界の食品抗菌添加物市場:

タイプ別の市場セグメント、カバー:

アプリケーション 別のナイシン
ナタマイシン

市場セグメント、カバー:

ベーカリーおよび菓子
乳製品
スナックおよびセイボリー
飲料
肉および肉製品
食品抗菌添加物市場の地域分析:

北米(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
南米(ブラジル、アルゼンチン、コロンビアなど)
中東およびアフリカ(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

完全なレポートを閲覧する

https://www.marketintelligencedata.com/reports/81260/-food-antioxidant-additives-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?Mode=88

食品抗菌添加物市場レポートの影響:

-食品抗菌添加物市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。

-食品抗菌添加物は、最近の革新と主要なイベントを売り込みます。

-食品抗菌添加物市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な研究。

-今後数年間の食品抗菌添加物市場の成長プロットに関する決定的な研究。

-食品抗菌添加物市場の深い理解-特定のドライバー、制約および主要なマイクロ市場。

-食品抗菌添加物市場を襲う重要な技術および市場の最新トレンド内の好意的な印象。

調査方法

食品抗菌添加物市場レポートには、価値(百万米ドル)と量(M平方メートル)の市場規模の推定が含まれています。トップダウンとボトムアップの両方のアプローチを使用して、食品抗菌添加物市場の市場規模を推定および検証し、市場全体における他のさまざまな従属サブ市場の規模を推定しました。

市場の主要なプレーヤーは二次調査を通じて特定され、彼らの市場シェアは一次および二次調査を通じて決定されました。すべての割合のシェア、分割、および内訳は、二次情報源と検証済みの一次情報源を使用して決定されています。

レポートでCovid-19の影響をどのように考慮したか:

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

 私たちに関しては:

MarketIntelligenceDataは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketIntelligenceDataは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要なトレンド、および戦略的な推奨事項が含まれています

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)–マーケットインテリジェンスデータ

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-20-412 512 12

sales@marketintelligencedata.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close