スマートホーム市場規模、状況および見通し2020年から2024年

Market insight reportsが発行するグローバルスマートホーム市場調査レポートは、主要プレーヤー、国、製品タイプ、エンド産業の観点から、南東および主要地域の現在の見通しを探 このレポートでは、南東市場のトッププレーヤーを分析し、市場をいくつかのパラメータに分割します。

このスマートホーム市場調査レポートは、国際レベルでの競争を理解するために、業界の競争状況を特定します。 このレポート調査では、2019年から2024年に近づいている南東市場の予測される成長について説明します。 この調査レポートは、事業の静的および動的な側面に基づいて集計されています。

ホームオートメーションとスマートホームは、家庭の機能を監視、制御、自動化するための幅広いソリューションに関連して使用される二つのあいまいな用語です。 スマートホームシステムは、自動化されたシステムと対話するために、ユーザインタフェースとしてスマートフォン 本研究の範囲には、他の制御装置とは別に、スイッチ、タイマー、センサー、およびリモートコントローラによって制御できるデバイスの分析が含まれています。

ここをクリックにサンプルPDFのコピーを最新の研究をスマート住宅市場の2019年:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08071390458/smart-homes-market-growth-trends-and-forecast-2019-2024/inquiry?Mode=18

世界のスマートホーム市場における著名なプレーヤー:

(株)アブ-ビー-エム,シュナイダー電SE、Honeywell International Inc.、エマーソン電気株式会社、シーメンスAG、LGエレクトロニクス株式会社、シスコシステムズ株式会社、グーグル株式会社 Microsoft社、総合電力会社アイ-ビー-エム株式会社株式会社、翻SA Lutron Electronics Co. (株)アイエス ア技術の株式会社、スマートホーム株式会社、Control4株式会社および他。

-April2019-ハネウェルは、MAXPRO connected security platformで新しい人工知能(AI)機能を可能にするIntelとの初の技術統合を発表しました。 MAXPROネットワークビデオレコーダー(NVR)とビデオ管理システム(VMS)をサポートする新しいセキュリティプラットフォームには、高度な分析、深層学習、顔認識機能を可能にするIntel Vision製品が組み込まれます。
-January2018-ハネウェルは、画面のスワイプで、建物内の彼らの経験を占有者により多くの制御を与えるハネウェルベクター乗員アプリに新機能を追加しました。 最も重要な新機能は、ユーザーが方向なしでナビゲートすることは困難である複雑な建物の周りに自分の道を見つけるのを助けるためにGPSのような技術

主な市場動向: –

スマートHVACシステムは、市場への最も重要な貢献者の一つです

-スマートHVACR(暖房、換気、空気調節および冷凍)システムは家のまわりで環境制御に関して重大である。 ただし、これらはいずれもスマートthermites、センサー、制御弁、スマートアクチュエータ、エアコンシステム、スマートルームヒーター、その他のシステム。 世界中で、先進国と発展途上国の政府規制が増えているため、新しい建物のほとんどは、よりスマートな暖房と冷却システムを必要とし、HVACシステムの成長を増やしています。
-但し、現代日の顧客はHVACシステムの限定なしでプロダクトをほしいと思うが、また同じ続きのさまざまな解決の統合を要求する。 この中で特にエネルギー管理。 この傾向は、市場のプレーヤーが以前にセグメントから考えられていた機能を実装するか、少なくとも他の製品をプラットフォーム/エコシステムに簡単に
-省エネの動機は自動化されたヒーター制御によって大抵演説する。 効率的な暖房設備の需要は、自動化されたヒーター制御の需要の増加につながり、それによって世界のHVAC機器市場への最も重要な貢献者の一つにな 暖房設備は費用効果が大きい方法の必須の暖房の環境を提供する。

北米はスマートホーム市場でリードしています。

-スマートホームは、近い将来にスマートホーム技術を追加すると予測され、ほぼ30万人の米国の世帯で、増加しています。 消費者が彼らの家に加えるために見ているプロダクトは接続されたカメラ(最も高い需要)、ビデオドアベル(第2最も高い需要)、接続された電球、スマート
-最近の調査では、家族の安全がスマートホーム技術を採用するための重要な動機として投票されたため、セキュリティに焦点を当てたスマートホーム製品 しかし、市場の最大のドライバーは、スマート照明ソリューション、エネルギー管理ソリューションのようなスマートホーム技術を採用している消費者は、より利便性
-2017年、サンフランシスコを拠点とするスマートホーム向けのWi-Fiシステムを提供し、接続された未来全体へのゲートウェイを目指すEeroは、コンセントにまっすぐに差し込むEeroビーコンをリリースしました。 Beaconとともに、eeroは、接続とインターネット速度の提供の面で古いものと同じくらい速く実行される新しいルータをリリースし、ルータを制御し、スマートホーム内の
-六つのアメリカ人の一つは今、スマートスピーカーを所有しています,図thatsアップ128%月から2017. アメリカ人の16%がスマートスピーカーまたは約39万人を所有していると推定されています。 最近の調査によると、Amazon Echoはさまざまな目的で使用されており、三分の一は質問に答える情報提供者として使用され、40%以上はストリーミング音楽を聴くためのオーディオスピーカーとして使用されています。

レポートの提供と主なハイライトの下にある重要な機能:

–スマートホーム市場の詳細な概要
-業界の市場ダイナミクスを変える
-タイプ、アプリケーションなどによる詳細な市場細分化
–ボリュームと価値の面での歴史的、現在および予測される市場規模
–最近の業界動向と動向
–スマートホーム市場の競争力のある風景
-キープレーヤーの戦略と製品の提供
-有望な成長を示す潜在的およびニッチセグメント/地域

“スマートホームズ市場”の詳細とレポートの概要TOCを参照します”:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08071390458/smart-homes-market-growth-trends-and-forecast-2019-2024?Mode=18

最後に、スマートホームズ市場レポートは、SWOT分析、投資収益分析、porter’s five forces分析などの多数の分析ツールとモデルを使用して、世界のスマートホームズ市場の完全かつ詳細な調査を提供しています。 プライマリおよびセカンダリ研究手法を通じて市場の洞察を探索した後、これ以外のものが必要な場合は、市場の洞察レポートは、特定の要求に従って

注:-私たちがリストしているすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。 これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。 また、可能であれば、追加のCOVID-19アップデートサプリメント/レポートをQ3のレポートに提供しますので、sales Smart Homesmに確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です