News

特殊紙の市場規模、状況、需要、およびビジネスの見通し| 2020-2025

グローバルスペシャリティペーパーの市場調査レポート2020-2025は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

特殊紙市場は、2020年から2025年の予測期間にわたって6.8%のCAGRを記録すると予想されます。

トップ企業のグローバルでの特殊紙市場があり、インターナショナル・ペーパー・カンパニー、ストラエンソOyjの、日本製紙(株)、モンディグループPLC、Sappi社限定、ITCリミテッド、Domtar社、北欧の紙、ツイン川ペーパーカンパニー、リンテック株式会社をBillerudKorsnäsAB、Glatfelter、Fedrigoni、Munksjo Group、その他

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153691/specialty-papers-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=68

主要な市場動向 外食産業は大きなシェアを保持すると予想されます

–都市人口の可処分所得と多忙なライフスタイルの増加に伴い、パッケージ食品の需要は大幅に増加しています。テイクアウト製品の包装は外食産業で広く使用されているため、包装食品の消費量の増加により、特殊紙の需要が高まっています。たとえば、英国のJust Eat PLCは、持ち帰り用の家計支出は2021年までに112億ポンドに達すると予想されていると報告しました。

–外食産業では、優れたバリア性能、高い湿潤強度、優れた柔軟性、印刷適性を提供し、棚を増やすため、キャリーアウトボックス、キャリーアウトバッグ、紙管、紙皿、カップなどに特殊紙がますます使用されています。製品の寿命とシームレスな輸送処理を可能にします。

–また、パッケージングとラベリングは、業界の潜在的な顧客にとって差別化要因になっています。したがって、製造業者とマーケティング担当者は、潜在的なバイヤーを引き付けるために、パッケージングおよびラベリングソリューションを絶えず革新および改善しています。これはさらに、外食産業における特殊紙の市場成長を後押しすることが期待されています。

–さらに、食品の安全性と消費者への利便性に対するニーズの高まりは、業界のプレーヤーに影響を与え、ニーズの高まりに対応できる製品開発を考案しています。

–たとえば、2019年7月、Ahlstrom-Munksjは、パラフィンワックスを含まないParaFree Wax Alternative Papersを発売し、石油ベースの成分への依存を減らしました。ワックスの削減により、最終用途製品の基本重量が削減され、全体的な材料使用量が減少し、サプライチェーンのフットプリントにプラスの環境影響を及ぼします。

北米が最大のシェアを保持すると予想される

–北米の特殊紙市場は2019年に924万メートルトンの量に達し、最大の市場シェアを保持すると予想されます。

–地域の外食産業の台頭と相まって、外食の増加傾向は、予測期間中に地域での特殊紙の採用を促進すると予想される主要な要因のいくつかです。ホームシェフによると、アメリカ人は生涯でテイクアウトと配達に信じられないほどの70,000米ドルを費やしています。

–市場参加者は、この地域での市場プレゼンスを拡大するための有利な機会として、戦略的買収も目撃しています。2020年2月、Pixelle Specialty Solutionsは、VersoCorporationからの特殊紙工場の買収を完了しました。同社が生産能力を年間100万トンに拡大することを可能にした動きで。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで調べます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202153691/specialty-papers-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=MW&Mode=68

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

エグゼクティブサマリー:製品、アプリケーション、およびその他の重要な要素に関連する世界の特殊紙市場の主要な傾向が含まれています。また、生産と収益に基づいて、世界の特殊紙市場の競争環境とCAGRおよび市場規模の分析を提供します。

地域別の生産と消費:調査研究に焦点を当てたすべての地域市場をカバーしています。各地域市場での生産と消費に加えて、価格と主要なプレーヤーについて説明します。

キープレーヤー:ここでは、レポートは、財務比率、価格構造、生産コスト、粗利益、販売量、収益、および世界の特殊紙市場で競合する主要な著名な企業の粗利益に光を当てます。

市場セグメント:レポートのこの部分では、市場シェア、CAGR、市場規模、およびその他のさまざまな要因に基づいて、世界の特殊紙市場の製品タイプとアプリケーションセグメントについて説明します。

調査方法:このセクションでは、調査方法と、レポートの作成に使用された専門論文へのアプローチについて説明します。データの三角測量、市場の内訳、市場規模の見積もり、調査の設計やプログラムについて説明します。

このレポートを購入する理由: – Excel形式の市場見積もり(ME)シート –クライアントの要件に応じたレポートのカスタマイズ –3か月のアナリストサポート

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。これには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:                                                 

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com   | irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close