自己免疫性肺胞タンパク症(aPAP)市場グローバルリサーチレポート2020:Savara Inc

自己免疫性肺胞タンパク質症(aPAP)-Pipeline Insight、2020

自己免疫性肺胞蛋白症(APAP)市場のレポートでは、最初の手の情報、業界アナリストによる定性的および定量的な評価、バリューチェーン全体で、業界の専門家や業界関係者からの入力をまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の定性的影響をマップします。COVID-19(コロナウイルス)が上流および下流市場に基づく製品産業チェーン、さまざまな地域および主要国に及ぼす影響を分析し、産業の将来の発展が指摘されています。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09232308462/autoimmune-ung-alveolar-proteinosis-apap-pipeline-insight-2020/inquiry?source=securetpnews&Mode=12

レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。グローバル自己免疫性肺胞タンパク質症(aPAP)市場のトップ企業Savara Inc.など。 

概要:

自己免疫性肺胞タンパク症(aPAP)は、まれな自己免疫性肺疾患です。これは、肺胞タンパク症(PAP)の最も一般的な形態(症例の90%)です。ほとんどの場合、20〜50歳の成人が罹患します。症状を示さない人もいれば、運動時に進行性の呼吸困難や息切れを起こす人もいます。他の徴候や症状には、乾いた慢性の咳が含まれることがあります。倦怠感; 減量; 胸痛; そして一般的な不健康感。まれに、咳、血栓、指先の丸みや腫れ、チアノーゼが発生することがあります。[1] 自己免疫PAPは、顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)効果をブロックするIgG抗体が原因で、免疫システムの機能不全が原因で発生します。GM-CSFは、肺胞マクロファージによるサーファクタント(タンパク質と脂肪の混合物)のクリアランスを調節するタンパク質です。サーファクタントは肺の気嚢(肺胞)に蓄積し、最終的には呼吸ができなくなります。[1] [2] 標準的な治療は、肺洗浄と呼ばれる手順です。GM-CSFと呼ばれる薬はaPAPを効果的に治療するかもしれません。

What Are The Market Factors That Are Explained In The Report?

Key Strategic Developments: The study also includes the key strategic developments of the market, comprising R&D, new product launch, M&A, agreements, collaborations, partnerships, joint ventures, and regional growth of the leading competitors operating in the market on a global and regional scale.

Analytical Tools: The Global Autoimmune pulmonary alveolar proteinosis (aPAP) Market Report includes the accurately studied and assessed data of the key industry players and their scope in the market by means of a number of analytical tools. The analytical tools such as Porter’s five forces analysis, SWOT analysis, feasibility study, and investment return analysis have been used to analyze the growth of the key players operating in the market.

Key Market Features: The report evaluated key market features, including revenue, price, capacity, capacity utilization rate, gross, production, production rate, consumption, import/export, supply/demand, cost, market share, CAGR, and gross margin. In addition, the study offers a comprehensive study of the key market dynamics and their latest trends, along with pertinent market segments and sub-segments.

The report has 150 tables and figures browse the report description and TOC:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09232308462/autoimmune-pulmonary-alveolar-proteinosis-apap-pipeline-insight-2020?source=securetpnews&Mode=12

Customization of the Report: This report can be customized as per your needs for additional data up to 3 companies or countries or 40 analyst hours.

営業チーム(sales@marketinsightsreports.com)にご連絡ください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsを含む業界業種のシンジケート市場調査提供ヘルスケア、情報通信技術(ICT)を、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業など MarketInsightsReportsは、世界と地域のマーケット・インテリジェンス・カバレッジ、360度市場のビューを提供します統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)-市場分析レポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

自己免疫性肺胞タンパク質症(aPAP)-Pipeline Insight、2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です