垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)市場分析| 会社プロファイル別| サイズ| 共有| 成長| 2025年までの傾向と予測

垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)
垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)

世界の垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)市場の展望、主要なセグメントと予測を含む包括的な分析、2020年から2025年。垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)市場レポートは、ビジネス戦略家にとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。成長分析と過去および未来のコスト、収益、需要と供給のデータ(該当する場合)を含む業界の概要を提供します。レポートは、プレーヤー、国、製品タイプ、最終産業の観点から、グローバルおよび主要地域の現在の見通しを調査します。この垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)市場調査は、このレポートの理解、範囲、およびアプリケーションを強化する包括的なデータを提供します。

垂直キャビティ面発光レーザー市場は、予測期間(2020年から2025年)にわたってCAGRが18%を超えると予想されています。

垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)市場におけるCOVID 19の影響に関する特別セクションを含め、Covid-19が垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL)産業にどのように影響しているか、市場動向、および潜在的な機会COVID-19ランドスケープ、主要領域へのCo​​vid-19の影響、およびCovid-19の影響と戦うための垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)プレーヤーの提案。

ここをクリックして、この市場に対するCOVID-19の短期的および長期的な影響を取得してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091746432/vertical-cavity-surface-放出-laser-vcsel-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025 / inquiry?source = jewishlifenews&mode = Vaib

垂直キャビティ面発光レーザー(VCSEL)市場は、製品タイプとそのサブタイプ、主要なアプリケーション、サードパーティの使用分野、および重要な地域に基づいて分割できます。

予測期間中、センシングおよび医療アプリケーションとデータ通信におけるVCSELの使用の増加、自動車用電子機器の進歩、およびVCSELの採用が増加すると予想されます。

データセンターは、さまざまな組織にとってITインフラストラクチャの重要なコンポーネントになっています。毎日大量のデータが生成されているため、企業は現在、データの効率的な保存と処理のためにデータセンターに依存しています。データセンターでの高速データ転送は、処理と結果の取得のために高速伝送を可能にするため、特に重要です。世界中の企業でデータ分析の採用が増えるにつれ、意思決定機能を向上させるために、データセンターでのVCSELの需要は予測期間中にさらに増加すると予想されます。

調査対象の市場におけるもう1つの顕著な傾向は、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの使用です。新しいテクノロジーの出現と高度なスマートフォンやタブレットに対する消費者の需要の高まりにより、業界の成長が大幅に促進されています。VCSELの需要は、スマートフォン対応デバイスの普及率に正比例します。2017年、世界のスマートフォンの販売台数は15億台を超えました

(特別オファー:このレポートで最大30%割引)
ブラウズレポート全体の説明と目次:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091746432/vertical-cavity-surface-mitted-laser-vcsel-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?source=jewishlifenews&mode=Vaib
Key Market Trends

ガリウム砒素はかなりのシェアを保持すると予想されます

– 2017年以来、ガリウムヒ素(GaAs)ウェーハは、フォトニクスアプリケーションで特に重要になっています。AppleがGaAsベースのVCSELを使用した3Dセンシング機能を備えた新しいiPhoneXを発表したとき、それはフォトニクスアプリケーション用のGaAsウェーハを大幅に後押ししました。Androidプラットフォームでこのテクノロジーが採用される可能性があるため、GaAsベースのVCSELは、予測期間中に大幅な成長が見込まれます。

–たとえば、2018年のiPhoneの販売台数は2億1,700万台に達し、そのうちGaAsベースのVCSELを搭載した製品はかなりのシェアを占めています。同様に、Huaweiは、AppleTechと同様のVCSELを搭載したMate20デバイスを1,000万台以上販売したと報告しました。

–データ通信、ジェスチャ認識、光学マウス、赤外線(IR)カメラの照明、光ファイバーデータ伝送、アナログブロードバンド信号伝送セメントなど、いくつかのハイエンドボリュームアプリケーションでのVCSELの使用の増加が主要なものとして浮上しています。 GaAsセグメントの需要を促進する要因。

– VCSELの導入により、低電力アプリケーションの端面発光LEDが急速に成功しています。その結果、ガリウムヒ素(GaAs)の需要は、特にデータ通信、原子時計技術、POFベースのホームネットワーク、およびバーコードセンサーで大幅に増加しています。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、5000を超えるミクロ市場に関する500,000以上の詳細な調査のオンライン市場調査レポートライブラリです。MarketInsightsReportsは、農業、エネルギーと電力、化学物質、環境、医療機器、ヘルスケア、食品と飲料、水、先端材料などに関する調査研究を提供します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(セールスマネージャー)– Market Insights Reports
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
https://www.linkedin.com/company/13411016/ | https://twitter.com/MIRresearch/ sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です