News

耐火生地市場の最新動向、需要、業界分析レポート2020

Market 2020- DowDuPont、Huntsman International LLC。、Solvay、WL Gore&Associates

耐火生地の画像結果

世界の耐火繊維市場この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。調査では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

2018年から2023年の予測期間中に、世界の耐火性生地市場は約6.28%のCAGRを登録すると予想されます。市場は主に、石油・ガス、鉱業、建設業界の職場で安全を維持するための厳しい産業規制によって推進されています。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/0417446010/global-fire-resistant-fabrics-market-segmented-by-type-application-and-geography-growth-trends-and-forecasts-2018-2023/inquiry? source = MW&Mode = 21

各メーカーの生産、価格、収益(価値)、市場シェアを含む、トップメーカーによる市場競争。トッププレーヤーは-

DowDuPont、Huntsman International LLC。、Solvay、WL Gore&Associates、Inc.、Glen Raven、Inc.、Kaneka Corporation、Lenzing AG、Pbi Fibers International、Royal Tencate NV、Teijin Limited、Westex By Milliken、Newtex Industries、Inc.

地域/国別の市場セグメント、このレポートは
北米(米国、カナダ、メキシコ)
グローバル(ドイツ、イギリス、フランス、その他のグローバル)
アジア太平洋(中国、インド、グローバル、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ

市場を牽引する産業規制

世界中の石油・ガス、鉱業、パルプ・製紙などの業界では、労働者の保護基準と職場の安全が最も重要視されています。家庭用および商業用家具産業における需要の増加により、耐火性生地の使用がさらに推進されています。1988年の家具と家具に関する規制(1989年、1993年、および2010年に改正)は、家具製品の消防規制のレベルを設定しました。欧州諸国、特に英国は、最高の火災安全基準を設定しており、これが耐火性繊維市場を牽引する可能性があります。

エンドユーザーを輸送して市場を支配する

エンドユーザーアプリケーションに基づくグローバルな耐火性生地市場は、産業用防護服および鉱業服、輸送、防衛および消防サービスなどに大別できます。石油およびガス、建設および製造、鉱業、化学産業からの需要の増加により、産業用保護および鉱業用衣類は45%以上のシェアで耐火性繊維市場を支配すると予想されます。中東諸国におけるより良い鉄道、地下鉄、鉄道網の建設のための外国投資の増加により、輸送用途は最も急速に成長する市場になると予想されています。

アジア太平洋地域の輸送部門への投資の増加

市場は、地理的領域に基づいて、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、南アメリカ、および中東とアフリカに分割されています。消費に関して、アジア太平洋地域は2017年に大きな市場シェアを保持しました。アジア太平洋地域は、中国の従業員に対する厳格な政府規制とともに、輸送および産業部門への投資の増加とともに、予測期間中に新興市場になると予想されています。インド、そして日本。ヨーロッパは、耐火性生地で2番目に高い市場シェアを占めています。

-で特別割引を受ける

https://www.marketinsightsreports.com/reports/0417446010/global-fire-resistant-fabrics-market-segmented-by-type-application-and-geography-growth-trends-and-forecasts-2018-2023/discount? source = MW&Mode = 21

この調査で取り上げられている主なポイントは次のとおりです。

─耐火性生地市場の概要、タイプ別(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2020〜2023年)、メーカー別の競争

─耐火性生地の世界市場規模(値)(2020-2023)

─世界の耐火性ファブリック容量、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、輸入(2020-2023年)

─グローバルな耐火性生地の生産、収益(値)、タイプ別の価格動向

─用途別の世界の耐火生地市場分析

─グローバルな耐火生地メーカーのプロファイル/分析

─耐火生地製造コスト分析

─産業チェーン、ソーシング戦略、下流バイヤー

─マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

─市場効果要因分析

─世界の耐火生地市場予測(2020-2023)

─競争状況

─調査結果と結論

最後に、この耐火性ファブリックのレポートでは、今後数年間の市場シナリオとその開発展望について説明します。同様に、レポートはタイプ分析を管理し、重要なアプリケーション、最近の耐火性ファブリック製品の開発とは対照的に、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話:+ 1704 266 3234

Mob:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close