News

メタノール市場規模の現状と世界の展望2020-2026 |大西洋メタノール、BASF SE、フェアウェイメタノールLLC、エネルケム、Eni SpA(エコ燃料SpA)、グジャラートナルマダバレー肥料&化学薬品株式会社

レポートは、歴史的および現在の市場の成長に焦点を当ててグローバルだけでなく、地域レベルで。世界のメタノール産業に関する世界の研究では、種類、用途、地域に基づくセグメンテーションを考慮した詳細な市場の概要を提示しています。レポートはまた主要なプレーヤーのための潜在的なビジネスチャンスに向けて市場の集中や成熟度の研究などの市場のダイナミクスに光を当てます。戦略的意思決定のために、2020年から2026年の市場規模と成長率も提供されています

メタノールの市場は、予測期間中に5%を超えるCAGRを登録すると予想されます。調査対象の市場を牽引する主な要因の1つは、メタノールベースの燃料の需要の増加です。反対に、メタノールへの暴露の結果としての健康への有害な影響は、市場の成長を妨げると予想されます。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091743926/methanol-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=21

世界のメタノール市場における主要なプレーヤーは次のとおりです。

アトランティックメタノール、BASF SE、フェアウェイメタノールLLC、エネルケム、エニSpA(エコ燃料SpA)、グジャラートナルマダバレー肥料&ケミカルズリミテッド、メタネックスコーポレーション、メタノールホールディングス(トリニダード)Ltd、三菱ガスケミカルカンパニーインク、オベロンフューエルズ、OCI NV、 Petroliam Nasional Berhad(PETRONAS)、Saudi Basic Industries Corporation(SABIC)、Zagros Petrochemical Co.、Yankuang Group、LyondellBasell、Helm AG、Southern Chemical Corporation

地域別のFormMarketセグメンテーションのトップ:

北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、その他のヨーロッパ、中南米

独占割引を取得:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091743926/methanol-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?Mode=21

世界のメタノール市場の概要

メタノールベースの燃料に対する需要の高まり

-メタノールは、直接またはガソリンと組み合わせて、ガソリンではエーテル(MTBE)、ディーゼルでは脂肪酸エステル(FAME)の形で、内燃機関や他のエンジン用のガソリン成分と見なされます。メタノールには多くの物理的性質が含まれているため、輸送部門に理想的です。

-メタノール燃料は、M5からM100までのさまざまなブレンドとして中国で使用されています。一方、ヨーロッパと北米では、ガソリンの燃料の混合は数パーセントに制限されています。アルコールの中間レベルまたは高レベルの燃料ブレンドにより、メーカーは高効率エンジンを設計して、メタノールの低エネルギー密度を補うことができます。

-メタノールは、ガソリンと比較して、一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物の排出を削減する能力があります。ただし、ホルムアルデヒドの排出量は、特にコールドスタート時に増加する傾向があります。

-中国だけで世界のメタノールの65%を生産し、この燃料を輸送に利用しています。イスラエル、イタリア、日本、韓国などの他の国では、主にメタノールを燃料として使用しています。

さらに、世界のメタノール市場には、以下のポイントが含まれ、各ポイントの詳細な調査が行われます。–

–グローバルメタノール市場の概要、ドライバー、拘束と機会、セグメンテーションの概要

–メーカー(2020-2026)によるグローバルメタノール市場競争

–地域別の生産と消費

–メーカーの完全なプロファイリングと分析(2020-2026)

–製造コスト分析、材料分析、地域別製造費

–産業チェーン、ソーシング戦略、下流バイヤー

–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

–世界のメタノール市場の影響要因分析(2020-2026)

–世界のメタノール市場予測(2020-2026)

–グローバルメタノール市場調査結果と結論

さらに、このレポートでは、市場の成長、機会、課題、および主要企業と市場全体が直面するリスクに影響を与える主要な要因について説明します。また、主要な新たな傾向と、現在および将来の開発への影響についても分析します。

調査には、2015年から2020年までの履歴データと2026年までの予測が含まれます。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および簡単にアクセスできるドキュメントで重要な業界データを探しているその他の人々にとって、非常に貴重なリソースになります。表とグラフを提示。

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、

追加のCOVID-19アップデートサプリメント/レポートを第3四半期のレポートに提供します。営業チームに確認してください。私たちに関しては

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学物質、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を提供します。 統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234

Mob:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close