News

グラファイト市場範囲、研究、成長予測、2026年までの研究報告|東洋炭素株式会社、グラフテックインターナショナル、東海カーボン株式会社、SGLグループ、カーボンカンパニー

レポートは、歴史的および現在の市場の成長に焦点を当ててグローバルだけでなく、地域レベルで。グローバルグラファイト産業に関するグローバル調査では、タイプ、用途、地域に基づくセグメンテーションを考慮した詳細な市場の概要を示しています。レポートはまた主要なプレーヤーのための潜在的なビジネスチャンスに向けて市場の集中や成熟度の研究などの市場のダイナミクスに光を当てます。戦略的意思決定のために、2020年から2026年の市場規模と成長率も提供されています

グラファイト市場は、主に急成長するリチウムイオン電池産業からの需要の増加に牽引されて、予測期間中に大幅な速度で成長すると予想されます。グラファイトは柔軟性があり、非金属特性と金属特性の両方を備えているため、さまざまな産業用途に適しています。金属の特性には電気伝導性と熱伝導性が含まれ、黒鉛の非金属の特性には高耐熱性、化学的不活性、潤滑性が含まれます。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01241063659/global-graphite-market-segmented-by-type-application-end-user-industry-and-geography-growth-trends-and-forecast-2018-2023/inquiry?Mode=21

グローバルグラファイト市場で著名なプレーヤーは次のとおりです。

東洋炭素株式会社、グラフテックインターナショナル、東海カーボン株式会社、SGLグループ、カーボンカンパニー、グラファイトインディア株式会社など

地域別のFormMarketセグメンテーションのトップ:

北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、その他のヨーロッパ、中南米

独占割引を取得:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01241063659/global-graphite-market-segmented-by-type-application-end-user-industry-and-geography-growth-trends-and-forecast-2018-2023/discount?Mode=21

世界の黒鉛市場の概要

リチウムイオン電池産業からの需要の拡大

コーティングされていない球状グラファイト、コーティングされた球状グラファイト(CSPG)、およびリチウムイオンアノードペーストは、モバイル家電、電気自動車、定置型エネルギーストレージ用のリチウムイオンバッテリーのアノード材料として不可欠です。 CSPGの3つの主な需要ドライバーには、輸送用バッテリー(大幅な成長)、定置型または商用またはユーティリティグリッド蓄電池(指数関数的な成長)、および家庭用電化製品のバッテリー(中程度の成長)が含まれます。

Li-ionバッテリーの消費電流は105,000トンです(60,000ナチュラルCSPGおよび45,000合成)。北米ではCSPGの生産がないため、米国を拠点とする2つのグラファイト企業であるG​​raphite OneとAlabama Graphiteは、急速に成長するリチウムを捕捉するために、グラファイト濃縮物をコーティングされた精製された球状グラファイト(CPSGとも呼ばれる)に変える設備を備えています。イオン電池市場。したがって、リチウムイオン電池産業におけるそのようなブームに伴い、黒鉛の需要は予測期間中に大幅に増加すると予測されています。

市場の主な進展

2018年1月:SGLグループは約新しい生産システムだけでなく、新しいホールも含め、ボンサイトでの生産能力を4年間で拡張するための2500万ユーロ

さらに、グローバルグラファイト市場の次のポイントが、各ポイントの詳細な調査とともに関与しています。–

–グローバルグラファイト市場の概要、推進要因、制約と機会、セグメンテーションの概要

–メーカー(2020-2026)によるグローバルグラファイト市場競争

–地域別の生産と消費

–メーカーの完全なプロファイリングと分析(2020-2026)

–製造コスト分析、材料分析、地域別製造費

–産業チェーン、ソーシング戦略、下流バイヤー

–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

–グローバルグラファイト市場効果要因分析(2020-2026)

–グローバルグラファイト市場予測(2020-2026)

–グローバルグラファイト市場調査結果と結論

さらに、このレポートでは、市場の成長、機会、課題、および主要企業と市場全体が直面するリスクに影響を与える主要な要因について説明します。また、主要な新たな傾向と、現在および将来の開発への影響についても分析します。

調査には、2015年から2020年までの履歴データと2026年までの予測が含まれ、レポートは、業界の幹部、マーケティング、販売、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および簡単にアクセスできるドキュメントで重要な業界データを探しているその他の人々にとって、非常に貴重なリソースです。提示された表と

私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19市場の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学物質、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を提供します。統計的予測、競争状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234

Mob:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close