News

2020年から2025年までの日本における配合飼料市場の新たな発展、上昇傾向および需要の伸び

日本複合飼料市場2020は、日本複合飼料市場の完全な分析を提供し、複合飼料市場に対するコロナウイルス(COVID-19)の影響を分析するための主要な成長ドライバー、制約、課題、傾向、および機会に関する詳細な情報を提供します。市場参加者は、市場ダイナミクスの分析を使用して、効果的な成長戦略を計画し、事前に将来の課題に備えることができます。日本配合飼料市場の各トレンドは、市場アナリストによって慎重に分析および調査されます。

日本の複合飼料市場は、予測期間中に3.7%のCAGRを登録すると予測されています。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152260/japan-compound-feed-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=48

日本の複合飼料市場のトップ企業カーギル、オールテック、ジャパンニュートリション、フィードーン、ノーサン、アーチャーダニエルズミッドランド、チャルンポクファインドフードPCL、共同資材、Nutreco NV 、KYODO INTERNATIONAL、INC。、CJ CheilJedang Corp.

市場概況:

日本の食肉消費は健全な成長率を見せています。しかし、日本で消費される肉の大部分は輸入されています。輸入肉価格の継続的な上昇と肉の需要の増加は、需要を満たすために生産を増やすよう地元の生産者に圧力をかけています。このような状況下、予測期間中の畜産は健全な成長率を見せており、複合飼料の需要は高まっています。Cargill Inc、Nutreco NV、KYODO INTERNATIONAL、INC。、Alltech Inc.、JAPAN NUTRITION Co. Ltd、Nosan Corporation。、Feed one Co.、Ltd.などの主要企業が市場を支配しています。Nutriadは2018年に渡辺化学工業株式会社と提携し、日本市場で製品を販売しています。渡辺化学の強力な流通ネットワークの助けを借りて、ニュートリアドは家禽にAdimixとApexの範囲を導入しました、

主な傾向:

肉および動物由来の製品に対する需要の高まり

ライフスタイルの変化に伴い肉の消費が増え続ける中、日本は肉食国になりつつあります。特に、豚肉と鶏肉の消費量は国で人気が高まっており、飼料市場を牽引しています。ライフスタイルの変化により、肉の多い食事へのシフトが進んでいます。OECDによると、2019年の1人あたりの豚肉の消費量は16.2 Kg、家禽肉の消費量は17 Kgであり、肉の消費量は予測期間中にさらに増加すると予想されます。世帯所得レベルの上昇による加工肉およびタンパク質食の需要の増加は、間接的に動物飼料の需要を牽引し続けるでしょう。ITC Tradeによると、2016年に日本が輸入した豚肉は41億7,000万米ドルで、2019年には46億米ドルに増加しました。増大する肉の消費により、同国の市場は拡大しています。

レポートの説明と目次を参照します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/07202152260/japan-compound-feed-market-growth-trends-and-forecasts-2020-2025?source=MW&Mode=48

レポートの重要なセクションのいくつかを見てください。

市場の概要:日本化合物飼料市場の製品の概要と範囲から始まり、アプリケーションと製品ごとに消費と生産の成長率を比較します。また、市場規模、収益、生産に関する統計も提供します。

地域別の生産市場シェア: レポートで分析された地域市場の生産シェアとは別に、ここでは、粗利益、価格、収益、および生産成長率について読者に通知します。

会社概要と主要数値: 市場の成長に対応している主要企業の各企業のプロファイリング。市場が提供する重要な要素、生産現場、価格、粗利益、収益、生産、製品用途、製品仕様、生産現場、製品紹介を考慮に入れています。

製造コスト分析:読者には、詳細な製造プロセス分析、産業チェーン分析、製造コスト構造分析、および原材料分析が提供されます。

市場のダイナミクス: アナリストは、重要な影響要因、市場の推進要因、課題、リスク要因、機会、および市場動向を調査します。

最後に、複合飼料市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速する市場調査を行うための信頼できる情報源です。レポートは、主要なロケール、アイテムの値、利益、制限、生成、供給、要​​求、および市場開発率と数値などの経済状況を示します。このレポートは、新しいタスクSWOT試験、投機的到達可能性調査、およびベンチャーリターン調査をさらに提示します。

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

特定のクライアント要件に基づくレポートのカスタマイズも提供します。

– 選択した5か国の国レベルの分析。

– 5つの主要市場プレーヤーの競争力分析。

– 他のデータポイントをカバーするために40アナリスト時間。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を提供します。これには、統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれます。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析レポート

電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close