News
Trending

粉体塗装市場2020正確な見通し-IGP粉体塗装、フライラック、ネオケム、ヴァルスパー、アクゾノーベル、テクノス

世界の粉体塗装市場規模、状況、予測2020-2027

レポートは、有効化技術、主要トレンド、市場ドライバー、課題、標準化、規制の展望、導入モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略を含む、粉体塗装市場の詳細な評価を提示します。このレポートは、2020年から2027年までのSWOT分析と粉体塗装への投資の予測も示しています。

粉体塗装市場は、2020年の157億米ドルから2025年までに214億米ドルに成長すると予測されており、2020年から2025年のCAGRは6.3%です。

(特別オファー:このレポートで最大30%割引)

購入前に無料のサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04121983916/global-powder-coatings-market-research-report-2015-2027-of-major-types-applications-and-competitive-vendors-in-top-regions-and-countries/inquiry?Mode=70

主要市場プレーヤー:IGPパウダーコーティング、FreiLacke、Neoken、Valspar、AkzoNobel、Teknos、Plascoat、TIGERコーティング、Karl W rwag Lack- und Farbenfabrik、Helios、STパウダーコーティング、BASF、Brillux、Rembrandtinパウダーコーティング、PPG、Karl Bubenhofer Jotun、Axalta、CWS粉体塗装など。

タイプによる市場細分化:

熱可塑性
熱硬化性
融着エポキシ

アプリケーションによる市場セグメンテーション:

建築の
Jobbers
農業・建設機械
石油ガス
電化製品
一般金属
自動車および輸送コンポーネント
その他(HVAC、電気)

市場のダイナミクスを包括的に理解するために、粉体塗装市場は、主要な地域、つまり、米国、中国、ヨーロッパ、日本、東南アジア、インドなどで分析されています。これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。

粉体塗装は、運用コストの削減、即時の可用性、無視できるほどのVOC排出、優れた外観、均一な厚さなど、他の塗装に比べて多くの利点があります。さらに、それらはコーティングの厚い層に適用するのが比較的簡単で、滑らかで均一な外観になります。

粉体塗装には溶剤が含まれていないため、大気中のVOCの放出はごくわずかであり、塗布および保管中の燃焼のリスクが低減されます。さらに、パウダーは人間の皮膚に触れると簡単に洗い落とすことができるため、オペレーターの健康被害を軽減できます。

研究方法:

世界の粉体塗装市場で公開されている最近の市場情報レポートは、地域および国際市場におけるセグメントおよびサブセグメントの分析を提供しています。研究はまた、短期および長期にわたる地域および世界市場に対する抑制、ドライバー、およびマクロ指標の影響を強調しています。世界の粉体塗装市場の予測、傾向、およびドル値の詳細なプレゼンテーションが提供されます。

粉体塗装市場のハイライト:

-レポートは、市場の投資機会を識別するために、現在および将来の市場動向の詳細な分析を提供します。

-事業セグメント、地域、国全体の主要な粉体塗装市場動向

-市場で観察された主要な開発と戦略

-主要なプレーヤーと今後の著名なプレーヤーの詳細な企業プロファイル

-ドライバー、制約、機会、その他のトレンドなどの主要な市場力学

レポートの説明を閲覧します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04121983916/global-powder-coatings-market-research-report-2015-2027-of-major-types-applications-and-competitive-vendors-in-top-regions-and-countries?Mode=70

世界の粉体塗装市場のTOCスナップショット

-パウダーコーティング製品の定義

-世界的な粉体塗装市場メーカーのシェアと市場の概要

-メーカー粉体塗装事業紹介

-粉体塗装市場セグメンテーション(地域レベル)

-世界の粉体塗装市場セグメンテーション(製品タイプレベル)

-粉体塗装市場セグメンテーション(業界レベル)

-粉体塗装市場のセグメンテーション(チャネルレベル)

-粉末コーティング市場予測2020-2027

-粉体塗装産業のセグメンテーション

-粉体塗装コストの分析

-結論

また、特定のクライアント要件に基づいてレポートをカスタマイズすることもできます。

1-選択した5か国の無料の国レベルの分析。

2-5つの主要市場プレーヤーの無料の競合分析。

3-他のデータポイントをカバーする無料の40アナリスト時間。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学物質、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を提供します。統計的予測、競争状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:
Irfan Tamboli(販売責任者)-市場分析レポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close