企業間(B2B)Eコマース市場の進化するテクノロジー、トレンドと需要分析2020:Amazon、Alibaba、楽天、IBM、SAP Hybris、Oracle、IndiaMART

企業間(B2B)eコマースの画像結果

企業間(B2B)Eコマース市場の正確な見通し2020-2026は、業界の新規参入者向けの完全なガイドです。レポートは、同社がこれまでに小売したすべての製品の市場履歴を提供します。また、予測期間中の製品タイプ、販売、数量、テクノロジーの履歴も提供します。成長率の課題と障壁は、企業間(B2B)Eコマース市場調査レポートでも説明されています。レポートでは、戦略の開発率を明らかにしています。レポートの作成、製造、マーケティングに使用される製品と技術。

2018年の全世界の企業間(B2B)Eコマース市場規模は6億3483万米ドルで、2025年末までに11億3900万米ドルに達し、2019〜2025年のCAGRは8.8%になると予測されています。

B2B eコマースは、企業間電子商取引の略で、オンライン販売ポータルを介して企業間で商品またはサービスを販売することです。Amazonは、企業間(B2B)Eコマース業界で世界最大のメーカーであり、続いてアリババ、楽天、IBM、SAP Hybris、Oracle、IndiaMART、ウォルマート、メルカテオ、マジェント(Adobe)、グローバルソース、NetSuiteが続きます。

購入前にサンプルコピーを利用する:                          

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09271485828/global-business-to-business-b2b-e-commerce-market-size-status-and-forecast-2019-2025/inquiry?source=galusaustralis&Mode=21

グローバルな企業間(B2B)Eコマース市場における主要なプレーヤーは次のとおりです。

Amazon、Alibaba、楽天、IBM、SAP Hybris、Oracle、IndiaMART、Walmart、Mercateo、Magento(Adobe)、Global Sources、NetSuite

タイプ別市場セグメント:

バイヤー志向のEコマース
サプライヤー志向のEコマース
仲介者志向のEコマース

仲介指向の電子商取引は、2018年に最大の70%の市場シェアを獲得

アプリケーション別の市場セグメント:
中小企業
大企業

中小企業は、企業間(B2B)eコマースアプリケーションの最大のセグメントであり、2018年のシェアは67%です。

地域による市場セグメンテーション:

北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、その他のヨーロッパ、中南米

独占割引を取得:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09271485828/global-business-to-business-b2b-e-commerce-market-size-status-and-forecast-2019-2025/discount?source=galusaustralis&Mode=21

グローバル企業間(B2B)Eコマース市場:調査方法

レポートは、二次的な情報源、市場規模、地域収益、セグメント収益の観点からの主要なプレーヤーの市場ポジショニングなどの主要なデータパラメーターに基づくさまざまな要因を検討します。地理的浸透は、市場の潜在力、市場リスク、業界のトレンド、および機会も示しています。二次的な情報源には、主にジャーナル、企業の年次報告書、ウェブサイト、公共および有料のデータベース、プレスリリースが含まれます。

プレーヤーが市場での地位を強化するのに役立つレポートで提供されるいくつかの有用な提案と推奨事項があります。レポートは、迅速なデータと情報を提供することと、包括的な分析を提供することの両方の方法で、読者に役立ちます。これは、レポートがさまざまなバイヤーのニーズまたは期待に応えるために役立ちます。さらに、レポートはバイヤーの要件に従ってカスタマイズできます。市場のプレーヤーはこれを使用して、新しい戦略を計画するか、既存の戦略を修正して売上と利益率を改善します。

さらに、グローバルB2B(B2B)Eコマース市場では、次のポイントが各ポイントの詳細な調査とともに関与しています。–

–グローバルB2B(e-コマース)eコマース市場の概要、推進要因、制約と機会、セグメンテーションの概要

–製造業者(2020-2026)によるグローバルな企業間(B2B)電子商取引市場競争

–地域による生産と消費

–メーカーの完全なプロファイリングと分析(2020-2026)

–製造コスト分析、材料分析、地域別製造費

–産業チェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー

–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

–グローバル企業間(B2B)eコマース市場の影響要因分析(2020〜2026)

–グローバル企業間(B2B)eコマース市場予測(2020〜2026)

–グローバルな企業間(B2B)eコマース市場調査の調査結果と結論

さらに、このレポートでは、市場の成長、機会、課題、および主要企業と市場全体が直面するリスクに影響を与える主要な要因について説明します。また、主要な新たな傾向と、現在および将来の開発への影響についても分析します。

調査には、2014年から2018年までの履歴データと2026年までの予測が含まれており、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および簡単にアクセスできるドキュメントで重要な業界データを探しているその他の人々にとって、貴重なリソースです。表とグラフを提示。

私たちに関しては

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学物質、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を提供します。統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)–市場分析 レポート

電話:  + 1704 266 3234

Mob:  + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です