流体損失添加剤市場分析とトレンド2016-2017&業界予測2020-2028 | BASF SE、ハリバートン、ヌーリオン、ニューパークリソース社、ケミラOYJ

流体損失添加剤市場についてQMIが発表した最近のレポートは、最も重要な市場ダイナミクスの詳細な評価です。流体損失添加剤市場の歴史的および現在の成長パラメータの徹底的な調査を実施した後、成長に対するビジネスの期待が最大限の精度で得られます。研究は、予測期間中に流体損失添加剤の市場に影響を与える特定の重要な要因を識別します。これにより、流体損失添加剤の製造業者は、最大の成長を予想するために、製造およびマーケティング戦略を変更することができます。

詳細については、プレミアムレポートのサンプルをダウンロードしてください:https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-59072?utm_source=SN&utm_medium=santosh

レポートによると、流体損失添加剤市場は、アプリケーション(掘削流体、セメントスラリー)によってタイプ(合成改質天然(PAC、CMC)、合成(アクリルスルホン化ポリマー))、天然(デンプン、リグニン、ベントナイト))で分割されています。 )。
市場の地域分布に関する洞察:
市場はこの市場のグローバルな発展と需要パターンを理解するために主要な地域で分割されています。

流体損失添加剤市場の場合、地域別のセグメントは、北米、アジア太平洋、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中東、およびその他の国です。予測期間中、北米、アジア太平洋および西ヨーロッパは、流体損失添加剤市場の主要な地域になると予想されます。
北米と西ヨーロッパは、特殊化学品、バルク化学品などの化学品の伝統的なサプライヤーでした。化学品の製造方法とさまざまな産業でのそれぞれの用途には、流体損失添加剤市場の需要を後押しすると推定されるいくつかの移行がありました。これらの地域で。これに加えて、この市場で営業している主要企業のいくつかは、これらの地域に本社を置いています。

海洋、産業、建設・インフラ、自動車・輸送などの主要な最終用途産業の成長により主要な需要があるため、アジア太平洋地域は流体損失添加剤市場で大幅な成長を記録すると推定されています。中東およびその他世界の流体損失添加剤市場の新興地域であると推定されています。

マーケットプレーヤー-Schlumberger Limited、BASF SE、Halliburton、Nouryon、Newpark Resources Inc.、Kemira OYJ、Clariant、Solvay、Global Drilling Fluids and Chemicals Limited、Tytan Organics Pvt。 Ltd.、Dow Chemical Company、Omnova Solutions、Aubin Group、Chevron Phillips Chemical Company、Innospec、Ashland、Universal Drilling Fluids、Sekisui Speciality Chemicals Americaなど。

連絡先:
Quince Market Insights
オフィスNo-A109
プネー、マハラシュトラ411028
電話:+91 706 672 4848 +1 208 405 2835 /+44 1444 39 0986

メール:sales@quincemarketinsights.com
ウェブ:www.quincemarketinsights.com

約 :
QMIには、Webで利用可能な市場調査製品およびサービスの最も包括的なコレクションがあります。 ほぼすべての主要な出版物からのレポートを配信し、リストを定期的に更新して、グローバル市場、企業、商品、パターンに関する専門的な洞察の世界で最も広範かつ最新のアーカイブへのオンラインアクセスを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です