熱電併給市場のグローバルトレンド2020、総収益と新興成長機会2028

QMI

熱電併給市場レポートは、熱電併給に関する国内および世界のビジネスの見通しと競争条件を指摘しています。市場規模の見積もりと予測は、熱と電力の組み合わせに対する需要の状況に合わせて調整された詳細な調査方法に基づいて行われました。

このレポートのサンプルコピー@ https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-61967?utm_source=SN&utm_medium=SG

持続可能なエネルギーへの顧客の傾向と相まって、自家発電の継続的な需要は、業界の成長を増大させます。コージェネレーションシステム全体の信頼性、安全性、効率の向上に沿ってGHG排出に対する懸念が高まると、製品の採用がさらに強化されます。さらに、炭素排出を抑制するための再生可能技術への急速な投資は、業界の展望を後押しします。

事業概要、財務データ、製品ランドスケープ、戦略的見通し、およびSWOT分析に基づいて、このレポートで紹介された企業:

o GE
oシーメンス
oヴェオリア
o Wartsila
o 2Gエネルギー
o Man Diesel&Turbo
o三菱日立パワーシステムズ
oクラークエナジー
oキャタピラーエネルギーソリューション
o ABホールディング
oキャップストーン
o FuelCell Energy

天然ガスの供給と価格の前向きな見通し、エネルギー効率の向上、とりわけ発電所や工業用ボイラーへの環境規制圧力などの要因により、世界中の熱電併給プラントの設置数が増加すると予想されます。技術的および規制上の障壁を取り除き、熱と電力の組み合わせの幅広い採用を促進するために、長年にわたって多くの努力が払われてきましたが、グリッド相互接続、重要な初期設備投資などの要因は、とりわけ熱と電力の市場。

火力発電所は通常、熱の半分だけを使用して電力を生成し、余剰熱は冷却塔、煙道ガス、およびその他の手段によって処分されます。コージェネレーションまたはCHPを介して、余剰熱を回収して発電に使用でき、発電所の効率が向上する可能性があります。

https://www.quincemarketinsights.com/enquiry-before-buying/enquiry-before-buying-61967?utm_source=SN&utm_medium=SG @このレポートを購入するためのお問い合わせ

地域の見通し:

熱電併給市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東、アフリカの6つの地域で分析されています。アジア太平洋地域の市場は、地域ごとにCHP市場をリードすると予想されています。エネルギーミックスにおける天然ガスの増加と、中国、韓国、インドなどの国でのエネルギー効率の必要性により、地域の複合型熱電併給の市場が促進されています。分散型発電の台頭と、燃料電池ベースのマイクロCHPなどの新興技術は、この地域での成長の新たな機会を開いています。

連絡先:
Quince Market Insights
オフィスNo-A109
プネー、マハラシュトラ411028
電話:US +1 208 405 2835 UK +44 121 364 6144 APAC +91 706 672 4848
メール:sales@quincemarketinsights.com
ウェブ:www.quincemarketinsights.com

約:
QMIには、Webで利用可能な市場調査製品およびサービスの最も包括的なコレクションがあります。 ほぼすべての主要な出版物からのレポートを配信し、リストを定期的に更新して、世界の市場、企業、商品、パターンに関する専門的な洞察の世界で最も広範かつ最新のアーカイブへの即時オンラインアクセスを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です