スキーワックス市場調査レポート2020年の業界規模、成長、需要、現在のシナリオ予測2025

スキーワックスはにスキー、スノーランナーの底、スノーボード、トボガンに適用され、厳しい雪の状態での摩擦性能を向上させます。ライドワックスおよびグリップワックスがある2ミリアンペアスキーに使用されるワックスの種類が。どちらのタイプのワックスも、雪の表面の湿気含有量と温度に一致するように設計されています。アルペンとクロスカントリーの両方のスキーグライドワックスは、滑り摩擦を最小限に抑えるように選択されています。グリップワックスクロスカントリースキーヤーに雪上でのアクションを提供します。

プレミアムレポートのサンプルを取得するには、ここをクリックしてくださいhttps : //www.quincemarketinsights.com/request-sample-52390?utm_source=hp&utm_medium=sn&utm_campaign=hp

 

彼COVID-19ウイルスは地球の周りのほぼ100カ国に広がっているとして、2019年12月に勃発し世界保健機関はそれを公衆衛生上の緊急事態を宣言します。2019年コロナウイルス病(COVID-19)の世界的な影響はすでに感じられ始めており、2020年のスキーワックス3900市場に大きな影響を与えるでしょう

COVID-19はいる影響を与える、直接生産と需要に影響を与え、サプライチェーンや市場の混乱を作成することにより、世界経済を、そしてその財務的影響により、企業や金融市場に。

COVID-19の発生により、フライトがキャンセルされました。レストランの閉鎖など、他の多くの側面への影響。旅行禁止および検疫; 40か国以上で緊急事態が宣言されました。すべての屋内イベントが制限されています。サプライチェーンの大幅な減速; 景況感の低下、株式市場のボラティリティ。人口の間でパニックが高まり、将来についての不確実性。

このレポートは、コロナウイルスCOVID-19がSki Wax 3900業界に及ぼす影響も分析します。

スキーワックス市場の新たな成長の地平を開く注目すべき開発動向

現在の傾向に続いて、多数の戦略的コラボレーションを発表する企業や企業を促進するための政府のサポートの拡大は、市場に相乗効果をもたらすと期待されています。このような取り組みとイニシアチブは、パートナーシップにつながり、市場競争を後押しします。

2020年4月29日-革新的なVauhti Speedが新世代のスキーワックスの特許を取得しました。同社は、フッ素を含まない新しい添加剤をベースにしたスキーワックスを最初に発売する。手指消毒剤の製造は、当初は恒久的であるようには計画されていませんでしたが、危機的状況での製品不足を補うために計画されました。しかし、新しいビジネスへの飛躍の成功により、Vauhti Speedはビジネス戦略を更新し、スキーワックスと一緒に補完的な製品を検討するようになりました。 

レポートで取り上げられている主なポイント:

  1. 背景と進化を含む市場の概要
  2. 市場とその可能性に影響を与えるマクロ経済的要因
  3. ドライバー、課題、トレンドなどの市場力学
  4. 市場の詳細なバリューチェーン分析
  5. 調査でカバーされた製品とセグメントのコスト構造
  6. 主要な製品セグメント、地域、および主要な市場参加者による詳細な価格分析
  7. 主要生産者のいる消費が多い地域、輸入/輸出シナリオとの全体的な貿易など、需要と供給の精査
  8. 主要な市場参加者の層ごとの分類を含む、市場構造の分析
  9. この市場のトッププレーヤーの詳細なプロファイルを含む、市場の競合状況

専門家によって提供されるレポートは、アプリケーション、製品タイプ、地域などのセグメントを確立した徹底的な市場調査にあります。市場のあらゆるセグメントが包括的に分析され、市場シェア、成長シナリオ、およびCAGRに基づいて慎重に検討されます。

市場で事業を展開している企業は、Ertel Wax、Swix、ZumWax、Demon、ONE-BALL、Maxiglide、Briko Maples、Dakine、Fast Wax、Burton、Glide-on Wax、Holmenkol、Purl Wax、Datawax、Darent Wax、TOKO Wax and Careです。 、スキーワックス、レックス、ナノックス、ブロードサイド、ダウンワックスを開始します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です