手間とのバランス

立地とアクセス

レンタルスペースの立地条件を重視して選ぶと、何よりブーイングはありません。
最寄り駅まで時間がかかったり、駅から歩く労力までタイトに物言いがあっても、後々まで響きそうです。
利便性重視でアクセスを一考しましょう。
参加者の集まり具合も考えることが、イベントの成功にもつながります。
駅に近い立地でも、わかり易い場所や店舗などの目印があるところがいいかもしれません。
いつでも想定外に、道に迷う人はいるものです。
初めての人でもわかり易く、ナビ等もできる立地のレンタルスペースを選ぶことが一番です。
予算もきちんと規模に応じたものに。
都心は相場が高めになるのは当たり前なので、メリットデメリットをあげてバランスを取って、適切に予算に近づけることです。
時間貸しや1日貸しの単位も違ってオーナーの意向次第で変わり、相談したり、よく探す価値はあります。

値段相応では済まされない価値観

レンタルスペースを使うメリットは、駅に近く良いアクセスの立地と、法人でも個人でも利用がし易く、スペースの広さや収容する人数に応じた明瞭な料金体系で、計画し易いことです。
収容人数が数名以下のこぶりなレンタルスペースもあり、また、収容人数百人を超える大きなレンタルスペースもあります。
人数が決まった段階で、ある程度絞り込みをしてレンタルスペースの選択をしていくと後悔がありません。
レンタルスペースの用途やニーズの点でも多様化しているので、拘りの内装デザインに焦点を合わせることも、今どきです。
写真撮影をしてSNSで発信する用途などがある場合は、アピール項目として写真映えする場所であることも必要です。
都内などのアクセスし易い立地がその距離ではなく交通至便にあることも忘れてはいけません。
そのイメージも、重要なイベントや会合の催しに際しては清潔感なども重要案件で、空調や備品の完備も必須です。


この記事をシェアする
TOPへ