プランを立てやすい立地と空間デザイン

人の数と所要面積

レンタルスペースの使用人数に合わせることも大切です。
参加する人数が確定したら対応できる部屋を探しましょう。
貸し会議室などには定員を示していることもあり、参考にしながら最適なレンタルスペースを選択することが肝心です。
座ってまたは立ったままかによっても用途や時間も違うため、まずプランや趣旨の確定が先かもしれません。
広さを選ぶ方法が変わるので、定例であれば同じ設営の仕方を計画して、部屋ごと他のレンタルスペースに移設するイメージで手配するのが、簡単です。
全て一新せずに従来のやり方を踏襲していく方法も無難で、その方が居心地が悪くなったり、しっくりこなかったりしないものです。
資料配布がある着席での会議などには、人数に合わせたデスクやイスなどがその都度必要になります。

備品の調達

用途に応じて適切な対応ができるメリットのあるレンタルスペースも要チェックです。
必要なデスクやイスや備品等の調達や配置も、一緒にまとめて考えてしまいます。
大規模なセミナーであれば会議室を貸し切ることもあり、会議室の設営にも配慮や席の指定などの一連の作業を伴います。
レンタルスペースで備品を借りるなどは別途有料の場合もあります。
備品類も、会議に最適な使い易い機材かどうかの確認なども必須です。
レンタススペースで備品類が調達できない場合は、さらに用意する項目や搬入の手間も考えられます。
会議の備品類は、ホワイトボードや ホワイトボードマーカーやイレーザー、プロジェクターやモニターなど、 プロジェクター用スクリーンやケーブルやデスクやイスが一般的です。


この記事をシェアする
TOPへ